皆さまこんにちは!コーディネーターの鈴木です。(^^)/

住まいに照明は欠かせないものですが、今回は建築化照明についてお話ししたいと思います。

建築化照明とは、建築物の一部として天井や壁などに照明器具を組み込み、光源を直接見せずに床、壁、天井などを照らす方法です。

間接照明の代表的な手法ですね。

例えば、リビングの折り上げ天井。天井を照らす事で高く感じられます。

img20080404_p

 

 

 

 

 

 

 

こちらはTV背面の壁材を照らし広がりを出し、壁材を引き立てます。

20170729_090717176_ios20171130_035537805_ios

 

 

 

 

 

 

 

 

間接的な光は、オシャレな空間を演出するだけでなく、室内に広がりを感じさせたり、リラックス効果も得られます。

家づくりを考える際、合わせて計画されてみてはいかがでしょうか。