皆さま(^^)/こんにちは つくば店の石田信子です

もうすぐゴールデンウィークですね!ご予定はお決まりですか?

我が家は渋滞や混雑が苦手なので、家でゆっくり過ごしたいと思います。

 

さて今回は住宅ローンの借り換えについてお話したいと思います。

住宅ローンの借り換えとは・・・

今より金利の低いローンを新たに借りて、現在借りているローンを一括返済してしまい、支払う利息を減らし、総支払額を少なくするという事です。

住宅ローンは数千万円単位になるので、少しの金利の違いでも、数十万~数百万円単位の違いになります。

皆さまは、今支払っている住宅ローンの金利、月々の支払金額、年数等を正確に把握していますか?

現在の借り入れ設定を再度確認し、もし条件が悪ければ、借り換えを検討してみてはいかがでしょう!(^^)!

 

ただ、そのためには借り換えの仕組みの注意点について理解する必要があります。

一般的に2500万円を25年契約で借り換えをすると以下の費用がかかります。

0824

 

 

 

 

 

 

 

 

これから分かるように、借り換えには約数十万円単位の経費が発生します。

そのため、この費用を差し引いた金額以上のメリットがなければ、行っても反対に損をしてしまいます。

たとえば、200万円(借りて安くなる利息)-60万円(借り換えにかかる経費)=140万円(借り換えによるメリット)になります。

したがって、借り換えを行うのであれば、この費用がどのくらい発生するのかを理解しなければいけません。

※思ったより借り換えの利息が安くなかった・・・

※借り換えの経費が思ったよりかかってしまった・・・

というような事になりかねないからです。

ただしこれは金融機関によって金額が変わるため、事前にきちんと把握する事が重要です。

 

次に住宅ローンの借り換えにおいても、団体信用生命保険(団信)に加入しなければいけません。

これは、あなたが万が一亡くなってしまったりしまったり、高度の障害を持ってしまったりした場合、代わりにローンを立て替えてくれる保険になります。

そのため、住宅ローンを借りる際にはこの団体信用生命保険に加入する事が必要不可欠になります。

ただし、健康状態によっては この保険に加入できない可能性があります。

家を購入した当時は健康だったが、今は少し病気をしてしまったなどの場合、団信に入れない可能性があるからです。

つなり この場合、借り換えが行えないという事になります。

 

先に述べた注意点を踏まえて 借り換えで どのくらいの利益が出るのかについてはプロに一度相談すると良いと思います。

少しでも、お得に住宅ローンを返済したいですね。

我が家も一度銀行に相談に行こうと思います(*^▽^*)