みなさんこんにちは!

水戸スタジオの自見(じけん)と申します。

 

今回は、土地探しについてお話しさせて頂きます。

家づくりをされる方で、全ての方が既に土地を所有されていらっしゃるとは限りません。

「これから土地を探す」ほとんどの方がこれに該当します。

さぁ 土地を探すとなったら、どのような手段で土地を探すのが良いのでしょうか?

for sale

 

 

 

 

 

 

 

1.インターネットで土地を探す 

不動産の売土地情報の多くは不動産業者ごとにデーターベースになっており、それぞれがポータルサイトのように売り情報が一覧になって調べることができます。
地図情報なども添付されている場合もあり、まずはインターネットで情報収集する方法があります。

2.対象地域を自分の足で回って探す

売り土地には、不動産屋が立てた看板が良く見受けられます。事前にインターネットで下調べをして売地を見に行くと、運が良ければ、その近くにノーチェックだった売地を発見する事もあります。住みたい対象地域に何度も足を運ぶ事によって、交通量や環境などを知る事も出来ます。

3.対象地域に詳しい不動産業者へ行く

ピンポイントで対象地域が絞られているのであれば、地元密着型の不動産業者へ出向くのも一つの方法でしょう。インターネットでは知りえない情報も入手できる可能性もあります。

4.建築業者に土地探しを依頼する

不動産業者と密に連絡を取り合い、希望に見合う土地情報を持っている事もあります。また、土地に関する法規的な事、建築に必要な費用の算出、土地込の総予算を算出する事が出来ます。
一方で、建築条件付土地という手法で、建物の注文をとることに注力している建築業者は、まずは自社の条件付物件を優先して販売しようとする傾向があります。

間違っても、

「土地を購入したが、気に入ったプランが土地に収まらない。」

「予算内の土地を買う事が出来たが、工事に掛かる費用がだいぶ掛かり、要望を沢山取り込んだら総予算をオーバーしてしまった」
「予算をオーバーする土地を買ってしまったため、気に入った家を建てることができない」
「当初の予算を大幅にオーバーし、家はできたが普段の生活が苦しくなってしまった」

なんて事にならない様に注意したいものですね。