皆さんこんにちは松崎です。
春が近づき大分暖か成ってきました。

床は部屋に占める面積が広い大切な要素。
その部屋でどう過ごしたいか、どんな雰囲気の部屋にしたいか
もよく考えて選択しましょう。
適当に決めてしまうと、
後に失敗した!と後悔することになるかも。

床材の大まかな種類を知って、好きな床材はどれか
決めましょう。

素材で分けるだけじゃない! フローリングにも種類がある
選択肢も豊富で手堅いチョイス「複合フローリング」

床材にはさまざまな種類がありますが、最も一般的なのは木質素材の「フローリング」。
フローリングとひとまとめにされがちですが、素材となる木の種類だけでなく、
床材のつくりによっても種類が分かれています。
一般的な住宅で使われることが多い「複合フローリング」は、
基材となる合板などの上にナラ、カエデ、ブナ、カバなどの化粧単板や
特殊加工の化粧材を貼り合わせてつくったもの。
表面にはコーティング剤が施されており、水や汚れに強い、
傷に強い、ペットのいるお宅にも安心、既存の床の上から貼りやすく
リフォームに好適……など、
デザイン性や機能性の高い商品が多いのが特徴です。

天然木材の長所を活かすなら「単層フローリング(無垢材)」
「単層フローリング(無垢材)」は、天然木材から切り出された
いわゆる一枚板。
全般的な特徴としては、肌触りがよく調湿機能があるので素足
で歩いてもべとつかない、保温性や断熱性が高い、静電気が起きにくいと
いった点が挙げられます。
ただし、“無垢”の名前通り、天然木そのままの素材なので、
木の種類によって特徴は違ってきます。スギやキリなどの柔らかい
素材であれば傷がつきやすくなりますし、ローズウッドやウォールナット、
ヤマザクラなどは風合いもよく比較的硬いのですが、
高級素材のため価格も高めになります。