こんにちは!つくばスタジオの自見です♪

今回は、土地についてブログを書きます。

土地をこれから買うという皆さんは、家を建てる時に土地を探しますよね?もちろん、満足した土地に巡り会いたいですよね。といっても100%満足した土地というのは、残念ながら無いのが現状です。経験上、70%満足していれば合格点だと考えます。

僕も今から6年前に家を建てる際に、土地からだったので、土地を探しに自分の足で見て回って、不動産業者さんへ連絡し、また土地を探しに行き・・・、そしてまた不動産業者さんへ連絡し・・・。

楽しかったから僕は全然苦ではありませんでしたが笑。仕事柄、その土地が自分の予算に見合っているのか?どんな法規制があるのか?また、水道は?下水は?他に掛かる費用は?とある程度、予測する事が出来たので、とても満足した土地に出会える事が出来ました。余談ですが、水郡線の線路上すぐ隣で、車両編成も多くなく、1時間に1~2本なので、時計代わりになって結構便利なんです。笑

実は、これを知らずに土地選びをすると大抵損をすることがあります。

 

これからが本題です。

 

1.不動産価値をどうみるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産価値を気にされないのであれば、単に土地価格が安い所を選んでも問題無いと思います。

あまりいらっしゃらないかもしれませんが、もし、将来売却や、財産として考えるのであれば、需要の多い地域から選んだ方が良いと思います。

なぜなら、売り易い、すなわち不動産としても価値があるという事になりますので。

 

2.夫婦の価値観をすり合わせる。

 

土地を選ぶ際に、夫婦間の価値観を事前にすり合わせて下さい。

要は、買い物便が良い所、交通便が良い所、若しくは、お互いの実家へ行きやすい所、通勤しやすい所、子供の学区についてなど色々、そのご家庭によってあるかと思います。土地を選んだあとに、こうじゃなかった、ああじゃなかったとならない様に・・・。汗

 

3.建物と土地のバランスを考える。

 

 

 

 

 

よくお聞きするのが、建物予算をあまり考えず、先行して土地を買ってしまったケースです。

きちんとご自身のご予算を把握し、土地に対する割り振り予算を算出されていれば問題ありませんが・・・。

あまりにも土地に対する割り振り予算がざっくりしすぎて、欲しいエリアの土地があり、少々高くても無理して買って、建物にかけられる予算が少なくなり限られる事に・・・。

出来ればこうなりたくないですよね。

いつもご提案させて頂くのですが、お会いして事前に、ご自身のご予算がいくらなのかすり合わせさせて頂いて、こんな家に住みたいから、建物にはこの位の予算が必要。だから土地に予算はこの位と。

土地だけを買うだけではありませんので、建物とセットで考えて下さいね。

 

4.土地資料を集め、ピックアップ。そして現地を見に行く。

 

 

 

 

 

 

 

今までの1~3を考慮した後は、不動産業者さんなどから土地情報を集めて下さい。出来るだけそのエリアの情報を沢山です。もちろん、沢山情報を収集しても、はたしてどの土地がいいのか?と判断が付きにくくなると思います。

その沢山の情報がある状態であれば、いくつかピックアップして下さい。10件位の情報があれば3~4件位が良いのではないでしょうか?

ここからがミソです。

ピックアップをした土地をプロと一緒に見に行く事です。プロというのは、不動産業者さんでは無く、私どもみたいな建築業者の事です。要は、不動産業者さんは土地のプロです。建築のプロではありません。建築業者というのは、土地の法規制はもちろん、建築するまでに掛かる費用はどうなのか?建物の法規制を考え、その土地にお客様の希望に合った家が建つ事が出来るのか?総予算に見合う事が可能なのか?と土地と建物をセットでアドバイスする事が出来るからです。

土地だけ買う場合は別ですが、通常その土地に建物を建てるわけですよね?だから、そこにどんな建物が建つかを、その場で助言できる人と一緒に見に行く必要性があるんです。そうしないと、どの土地を買って良いのかの判断がつきません。そこで、建物のプロと一緒に行き、それぞれを比較検討するわけです。そして、その中から1番ふさわしい所を選べば、最もふさわしい土地を取得する事が出来ます。

多くの場合、土地は不動産業者さん任せで、言われるまま決めてしまい、後でいろいろ困る事が出て来ることがあります。後で困る事が出て来ては皆さんイヤですよね。

 

土地をこれから取得の方は、この順番を参考にして頂き、是非、満足した土地に巡り合って下さい。

なぜなら皆さんに本当に良かったと思ってもらえることが僕の願いなので。