皆さんこんにちは、板垣です。

毎日不安定な天候が続きますね。梅雨なので仕方がないですが、私達工務の人間にとっては現場が思うように進まず嫌~な季節です。とはいえ天候ばかりはどうしようないので、現場に支障をきたさないようしっかり段取りしていきたいと思います!

先日、大工の父が「氏神様」のお宮を製作しているとのことで、見に行かせてもらいました。

なんでもご近所さんに依頼されたそうなのですが、形にこれといった決まりが無いものなので、ほとんどイメージだけで製作したそうです。

昔は住宅も同じように、職人さんによる木材の手加工だけで造っていたんですよね。上棟なども、クレーンもない時代は人力だけですべて行っていたというので、本当に昔の職人さんは凄いと思います。

さてお宮の話に戻りますが、形が出来上がったら仕上げの銅板葺きになります。施工は、当社の新築工事でもお世話になっている板金屋さんの社長に行ってもらいました。

やはり仕上げの飾りつけも決まりが無いものなので板金屋さんのセンスでお任せで依頼しました( ^^)

途中経過の写真です。キラキラして綺麗ですね!

そしていよいよ完成です!飾りつけをすると一気にゴージャスになりますね!板金屋さんも手間をかけて細かいところまで造り上げてくれたので、耐久面でも問題なさそうです。これから施主様の土地を守る神様の社として、長持ちしてもらえればと思います☆