皆様こんにちは、つくばスタジオの小口です。

今日は床材についてお話しをしたいと思います。

空間の中でも、広い面積を占める床材は、インテリアのイメージをきめる

大切な素材です。

また、素材の選び方によっては、日々のお手入れやメンテナンスの

しやすさなども異なります。

素材や商品によって、価格は大きくかわりますので、機能性など優先順位を

明確にして選ぶことが大切です。

木質フローリングは大きく無垢材と複合フローリングに分けられます。

無垢材とは、切り出した天然木の一枚板を加工したもののことです。

樹種によって異なりますが、一般的に空気を多く含んでいるので保湿性や

断熱性が高いことが特徴です。

湿気の多い季節は余分な湿気を吸収し、乾燥しがちな季節は排出する調湿作用

もあります。

ただし、湿度の変化によって、膨張と収縮を繰り返すので、場合によっては

反りや割れなどが生じることもあります。

複合フローリングは合板などの基材の表面に化粧材を張り合わせたものです。

化粧材によって、突板タイプと化粧シートタイプに分けられます。

突板タイプは、薄く削った天然木の突板を用いたものです。張り合わせる天然木

はナラやサクラ、などさまざまですが、厚いほうが、溝も深く木目が鮮やかです。

商品によっては、無垢材と区別がつかない程です。

化粧シートタイプは、樹脂やオレフィン、紙などのシートに、木目や石目などを

印刷したものを基材に張り合わせたものです。

品質や仕上がりが均一で施工性に優れていることなどが特徴です。

突板タイプと見分けがつかないような商品も揃っています。

 

いずれの床材を選ぶ場合でも、実物を確認してください。

壁材や天井材と一緒に検討することも大切なポイントです。