皆さまこんにちは 松崎です!
桜の花も、ちらほらだいぶ暖かくなりました。

今回は外壁塗装 塗料について

外壁塗装で使用される塗料の主成分はいずれも合成樹脂で、
そこに含まれる物質によって仕上がりの見た目や耐久性が変わってきます。

アクリル系塗料
軽量で、色をくっきり見せる効果がある塗料です。
コスト面でもっともすぐれていますが、紫外線に弱く、
耐用年数が短めです。

・こまめに塗り替えをして気分転換したい。
・リーズナブルに塗り替えしたい。

ウレタン系塗料
アクリル系塗料に比べて、防水性と耐水性にすぐれた塗料です。
比較的安価で、バランスがとれています。用途の範囲が広く、
戸建住宅を中心に幅広い建物で使用される塗料です。
密着性にもすぐれており、塗装の剥がれが気になる箇所に使えます。

・比較的低予算ですませたい。
・塗料の剥がれが気になる箇所がある。

シリコン系塗料
ウレタン系塗料に比べて、耐久性と対候性、仕上がりのよさに
すぐれた上質な塗料です。
弾性にもすぐれているので、塗膜の下で小さなひび割れができても、
防水性を損ないません。
耐用年数が長く、コストパフォーマンスのよい塗料で、
現在もっとも人気です。

・コストパフォーマンスのよい上質な塗料

フッ素系塗料
耐久性、耐候性、撥水性にすぐれていますが、一方で汚れやすいという
デメリットもある塗料です。
美しい光沢もありますが、価格がもっとも高いので、
一般住宅ではそれほど普及していません。

長い目で見たときに、価格が安い塗料にしたい。