皆さん、こんにちは!

経理の裕子です。

さて、新築への引っ越しが決まったけど、どこから手を付けたら良いのか困っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、引っ越し時にチェックしておきたいポイントをまとめました。作業漏れであわてないために、落ち着いてひとつずつチェックポイントを確認していきましょう。引っ越しが決まったら、処分できる家具や家電がないか考えてみましょう。新居に持っていく荷物を減らすことができれば、その分引っ越し費用を抑えることができます。
新居ですっきり暮らすことを目標にして、家族みんなで断捨離にチャレンジしてみるのもおすすめです。

①引越しで処分できる家財道具はないかチェック

②旧居の解約手順を確認

③各種契約の住所変更を済ませる

④引っ越し業者は早めに準備

⑤引越で出るごみ処理のスケジュールを把握しておく

⑥引っ越しに必要なグッズ・アイテムを準備

⑦入居後に必要なものを準備

⑧今の近隣に引越前の挨拶を済ませる

⑨引っ越しの「お日柄」を決める

⑩郵便の転送手続・引越の住所変更をする

 

引越しの荷造りの注意点4つ

引っ越しの荷造りには、いくつか気を付けるべきことがあります。新居に着いてからのスムーズな荷解きにも関わることですので、家族全員に周知しましょう。

① 大きいダンボールに重い本を詰め込まない
② ダンボールは正しく組み立てる
③ 新居での間取りに従って箱詰めする
④ 布団と割れ物を一緒に梱包しない

 

これらを気を付けるだけで格段に搬出が楽になりますし、思わぬ事故を防ぐことができます。
大切な荷物を破損しないためにも、荷造り時は以上のことに気を付けて作業してみてくださいね。