こんにちは、杉村です。
4月も下旬になりましたね。
自宅の裏に竹林があり、今年もたくさんの筍が出始めたそうで、
父が毎週のように狩りに繰り出しています。
おかげで毎日の杉村家の食卓・お弁当には筍料理がズラリな今日この頃です。
(下処理がとっても大変なので母にはとても感謝しています)
竹といえばお家を建てる前の大事な行事「地鎮祭」でも使われるものなので、
私たち工務店には馴染みのものでもあります。
また和風のお庭にもフェンスや塀、化粧として用いられています。
近年は人工の竹素材も多種多様なものが販売されており、
カラーバリエーションも豊富なのでアクセントなどに少し取り入れるだけでも
お庭映えすること間違いなしです。
弊社の外壁によく使われている「ガルバリウム鋼板」はマットな色合いなので
竹のトーンにも相性が良さそうですね。
モノトーンの外観なら黒竹のプライベートデッキなんかかっこいいですね。
中庭があるなら、和の庭園を造るのも趣がありますね。
人工竹を使えば落ち葉の心配もなく、お掃除の手間もありません。
リフォーム・お庭に悩んでおられる方、「和」の方向へ検討してみてはいかがでしょうか。