皆様こんにちは、つくばスタジオの小口です。

今回はガスコンロとIHクッキングヒーターの特徴とメリット、デメリット

についてお話ししたいと思います。

まず、IHクッキングヒーターは磁力線の働きにより鍋底自体を加熱する仕組みになっています。火が出ないため安全性も高いです。

安定した加熱が容易に行えるため、素材を均一に加熱する

料理やスープなどの液体の加熱に適しています。

調理後にはプレートを拭くだけで手入れが可能なので

掃除が楽にできます。

このような特徴の為、IHクッキングヒーターの使用に際しては

いくつかの制限もあります。

まず、使用できる鍋やフライパンの素材は鉄やステンレス製など

IH対応素材でなければならず、大きさも12~26センチ程度 形状も

底が平らである必要があります。

火を使わないので安全という特徴がありますが、調理後は天板が

熱くなりますので、そのまま触ってしまうと火傷の危険があります。

加えて、火傷するほど熱いのかどうか見た目からは分からないという

短所もあります。

 

次にガスコンロはガスで火を起こすことで加熱します。

調理においてガスは煮炊きから強火が適した炒め物などの料理

素材の部分的加熱まで、臨機応変に使えます。

火を使用しているため、火災の原因になる可能性はあり、

調理することで、室温が上昇するため、夏場には不向きな

場合もあります。

また、調理台が完全に平らでないため、手入れが面倒という

見方もあります。

停電の影響を受けないというメリットもあります。

 

どちらを選ぶべき?という問いは、生活スタイル、家族の構成など

各世帯の事情によって決まってくるといえます。

それぞれの長所と短所がありますので、各世帯の優先項目や希望に

あわせて選ぶといいと思います。