つくばスタジオの田崎です。

 

StyleDesignメンバーは

家づくりを考えるうえで、

無駄なスペースをいかに少なくするか、

無駄な通路や壁はないか、

そんなことを考えながら

プランニングやデザインをしています。

 

この『無駄』について、

家づくりに関しては

個人個人で、無駄なのかそうでないかが

それぞれであるという事が

はっきりとわかる、特異な分野ではないかと

私は思っています。

 

一見、無駄な空間に見えても、

施主様にとっては非常に重要なスペースである場合があります。

生まれ育った生活スタイルや趣味、趣向の違い。

何かをしまう、何かをする、何かを飾るなど

人によって必要とする空間、スペースが違うからです。

 

一見、意味のない無駄な壁があったとしても、

立地によっては目隠しになっていたり、

プライバシーを確保する為だったりします。

目線を遮ることで、室内空間の利用価値を屋外まで広げることが出来、

室内をより充実させるかもしれません。

 

このように、デザインの為だけに『無駄のもの』を存在させているわけではなく

それぞれ個人や立地などの様々な要因で、

その『無駄なもの』に対する意味、捉え方が異なります。

 

誰かにとっては無駄なものでも、違う誰かにとっては無駄ではないという、

そんな世界にひとつだけの、自分達だけに意味があって使いやすい、

そんな家づくりを、StyleDesignで実現してみませんか?