Blog

お庭の大敵「雑草」対策!!

こんにちは(^^)/ つくばスタジオの石田です

暖かくなって、過ごしやすい季節になりましたね (^^♪

しかし!
庭の大敵!「雑草」もメキメキと育つ季節となりました。

つい先日・・・  草取りをしたのに・・・
数週間後には、また新たな雑草が顔を出していて
なんて事が多々ありませんか?

せっかく新築した、お庭が荒れ放題というのは嫌ですよね!
今回は、様々な雑草対策のお話をしたいと思います。

●雑草を比較的安価に効率よく簡単に駆除したい方は
「除草剤を散布する!」 が一番簡単です。
しかし家庭菜園や植物が多いお庭には、
枯らしてしまう危険があるため適さない場合もあります。

●費用をかけてでも今後一切草取りをしたくない方は
「防草シート&砂利で完全防草!」 が最も効果的
防草シートとは、日光を遮断する効果があり、
且つ水を通す機能を持ったシートです。
また、砂利の上を歩くことで音が鳴るので「防犯対策になる」
という利点があります。

 

 

●花壇周りなど人が通らない場所を自然に防草したい場合は、
「水をかけて固まる土を使用!」 が見た目もバッチリ
最近では、土とセメントを混ぜた商品で、水をかけるだけで
カチカチに固まるという土がホームセンターにあります。
防草効果が高く、見た目も綺麗な土の質感を残しているので、
家の庭や通路に使う人が増えてきているようです。

 

 

簡単に3つの雑草対策を紹介しましたが、
それぞれ様々なメリット・デメリットがありますので
庭や周囲の環境にあった物を選ぶことが大切です。

これから新築をお考えの方は外構工事と併せて
一緒に対策を考えて行きましょう (^_-)-☆

Read more

LED照明

皆様こんにちは(*^-^*)、コーディネーターの栗山です。

今回はLED照明のお話をさせて頂きます。

LEDとは「発光ダイオード」と呼ばれる半導体のことで、“Light Emittingn Diode”の頭文字をとったものです。

従来の白熱灯、蛍光灯と比べると下のような特徴があります。

 

●節電

 

 

 

 

出典:Panasonic「すまいのあかり設計集 2018 基礎編」

 

●長寿命

 

 

 

出典:Panasonic「すまいのあかり設計集 2018 基礎編」

 

その他、

●すぐに100%の明るさで点灯

●光に紫外線・熱線を含まないので絵画や植物を傷めない

●スイッチのON・OFFを繰り返しても性能が落ちない

●光に虫が好む調波をほとんど含まないので虫が寄りにくい

等の特徴もあります。

 

弊社の標準はLEDダウンライトを採用しています。

ダウンライト以外に、ペンダントや間接照明を加えたりすると、また雰囲気が変わってきます。

照明は、雰囲気を決める重要なパーツです。

一緒に打合せしながら決めていきましょう♪

 

Read more

広さと錯覚

皆様こんにちは!

つくばスタジオの田崎です。

 

家づくりを考えはじめたとき、ほとんどの方が気にされる事。

それは、空間の大きさです。

LDKは〇〇畳欲しい!天井は高くしたい!などなど。

夢が広がりますよね♪

 

しかし、むやみやたらに部屋を大きくしてみたり、

天井を高くしたりすれば良いというわけではありません。

皆様の生活スタイルによって適切な空間の大きさは様々です。

また、ご予算や土地の形状・面積によっても希望の大きさが確保できないこともあります。

 

そんな時は錯覚を利用すると、思ってたよりも広い!

と感じることが出来るかもしれません。

 

さて、それでは下の画像をご覧ください。

錯覚といえばこの矢印ですね。

皆様どちらの水平方向の線が長いと感じますか??

 

 

正解は、

 

どちらも同じ長さなんです。

このように錯覚を利用する事で満足いく家づくりを目指してみてはいかがでしょうか?

 

例えば、色を工夫するのも一つの方法です。

彩度(鮮やかさ)や明度(明るさ)を明るいものを選定すると、

空間を広く感じることが出来ます。

ただ、落ち着きのある空間や重厚感のある空間を求められる方には

向いていない色使いかもしれません。

 

他には、内部建具を工夫することも有効です。

床から天井まである建具を採用することにより

空間がつながっている感覚になり、広く感じられます。

 

リフォームをお考えの方や、新築したばかりの方には

家具を工夫する事で広く感じる事が出来ます。

背の高い家具を置かない、足の細い家具を置く。

この二つを守って家具の選定をすると広く感じることが出来ます。

背が低い家具を置くと、壁が見えることにより視線が通ります。

足の細い家具を床に置くと、床が見えることにより、こちらも視線が通ります。

視線が通るということは、広さを感じることに直結する為

広く感じるということですね。

 

このことは前回の内容の《中庭》からも同様のことが得られると思います。

中庭を設けることで目線が外まで抜け、より広く開放的な空間になります。

 

このように、間取り図だけではわからないことや

テクニックは他にもたくさんあります。

 

やってみたいことや夢を、ぜひStyleDesignメンバーにお話しください。

 

それが夢への第一歩になるかもしれません。

Read more

OPEN HOUSE「外観からは想像つかない開放的空間」 in 茨城県守谷市立沢

住宅完成見学会の会場

茨城県守谷市立沢

住宅完成見学会の開催日時

2019年4月27日(土)~28日(日) 11:00~16:00

内容&テーマ

OPEN HOUSE「外観からは想像つかない開放的空間」 in 茨城県守谷市立沢

私たちからのメッセージ

茨城県守谷市立沢に、「外観からは想像つかない。開放的な空間がここに・・・。」というコンセプトのもと、新築注文住宅が完成しました。

家の外観は、シンプルかつモダンでありながら、中に入ると解放感が広がる別世界。StyleDesignらしさを十分に発揮した神秘的でおしゃれなお家となりました。

2日間にわたり、より多くの皆さまにご覧いただければと思いますので、ご来場を心よりお待ちしております。

家づくりを検討している方々へ、新築もリフォームも土地も資金計画も、家づくりに関する全てのお悩み事を私たちStyleDesignと解消しましょう!!

住宅完成見学会「外観からは想像つかない開放的空間」 in 茨城県守谷市立沢
住宅完成見学会「外観からは想像つかない開放的空間」 in 茨城県守谷市立沢

「他の家とはちょっと違うオシャレなデザイン」、「外観も室内も洗練され、ちょっと自慢したくなる家」、そんな自分らしく、かっこよく生きたい人のために、私たち「Style-Design」が、あなたのスタイルに最適なプランをご提案いたします。楽しい生活を想像しながら、ワクワクする夢を私たちと熱く語りあってみませんか。

StyleDesign開催の完成見学会場では、リフォーム&リノベーションも受付中です。注文住宅と同様に、モダンで魅力的なデザイン性はさることながら、既存住宅の躯体、断熱、換気までも十分に今日慮した上で建物を再編成し、住み慣れた家を「心地よく新築のような暮らし」へと革新します。

Read more

中庭

皆様こんにちは。つくばスタジオの小口です。

 

今日は中庭についてお話ししたいと思います。

中庭には3つの形があります。

①ロの字型

家の中央部分に庭がある形です。完全にプライベートな空間

を作れる中庭です。

②L字型

格子やルーバーなどで視線をさえぎり、中庭のようにすることが

可能です。

③コの字型

L字型同様、格子やルーバーなどで視線をさえぎることにより

中庭のようにすることが可能です。

 

次に中庭のメリットについてお話しします。

①サッシが中庭の部分につくので、カーテンの要らない生活が

可能です。

②中庭から光や風を取り入れるので、外部からの視線が気になりません。

プライベートな空間を作ることが可能です。

③中庭に植木をすると、家の中にいながら、四季を感じることができます。

④中庭の家はどの部屋にも太陽光を取り入れることが可能です。

通常なら日陰になってしまう北側の部屋でも、自然光を取り入れやすくなります。

⑤中庭であれば、安全な子供の遊び場になります。

中庭であれば子供がどこかへ行ってしまう心配がないので、家事をしながら

遊ばせることが可能です。

⑥風通しの良い家になります。

家中に空気を循環させることができることも中庭の特徴です。

中庭は壁面が多くそれにつれて窓の数も増えます。

季節ごとに変わる風向きにも対応でき、年間を通して風通しが良いです。

⑦外部に洗濯物が見えるのが嫌という方にも中庭はおすすめです。

⑧中庭から光を取り入れることで、外側の窓を少なくすることが可能です。

外部に面する窓を少なくすることで、空き巣の侵入経路が少なくなります。

 

中庭には色々なメリットがあります。

随時、見学会を行っていますので、是非中庭のお家を体験して見てください。

Read more

電気代

皆さまこんにちは。つくばスタジオの坂東です。

 

突然ですが、

最近、電気代が高いなって感じませんか?

生きていく上で欠かせない電気。今後も原発問題や原油高など、電気代はどんどん上がるのではないかと言われています。

そこで今回は、これからの電気事情について考えていきたいと思います。

まず、最近10年で具体的にどのぐらい電気代が上がってるのでしょうか?

 

単価でみてみると

2010年は21.56円(電気代単価)/kwh+0.22円/kwh(再エネ賦課金)

2019年は25.85円(電気代単価)/kwh+2.9円/kwh (再エネ賦課金)

と10年で 約30% も上昇しております。

特に注目すべきところは再エネ賦課金です。

なんと 13倍 も上昇しています。


今後2020年以降には、この再エネ賦課金の割合が電気代全体の20%を

占めるようになるともいわれています。

そもそも再エネ賦課金とは何なんでしょうか?

 

 

〇再エネ賦課金とは
「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の略。

再生可能エネルギーは発電にコストがかかるため、国が定めた割高な価格で電力会社が

買い取りをしています。

電力会社が買い取るための費用の一部を、私達が「賦課金」という形で負担しています。

再エネ賦課金は、電気を利用するすべての方が負担し、最終的には再生可能エネルギーで

発電している方のところに届きます。

要するに太陽光を載せていない人達が太陽光を載せてる人達の電気代を電力会社と一緒に

負担してあげているという事です。

これは家に搭載されている太陽光だけでなく最近よく目にする空き地にたくさんの太陽光を

設置しているものに対しても該当します。

 

という事はソーラーを沢山載せれば良いのか?

 

 

という訳ではありません。

 

太陽光発電の2019年問題は聞いたことがありますでしょうか?

上記で説明した固定価格買取制度により、電力会社は太陽光発電をはじめとした

再生可能エネルギーで発電した電気を、一定期間中同じ割高の価格で買い取ることが

約束されています。

10kW以下の住宅用太陽光発電であれば、期間は10年間になります。

では10年後の価格はどうなるのでしょうか?

 

実は、2019年は太陽光発電において大変重要な年となっています。

2019年は、住宅用太陽光発電の買取義務保証期間である10年が初めて終わりを迎え、

スタート時期から売電してきた世帯の契約が終了する年に当たります。

 

これまでの10年は高値で売電が出来ていましたが、2019年以降に買取義務保証期間が

はじめて終わりを迎えたあと、引き続き売電ができるのか。

そもそも売電が出来た場合の買取価格がどの程度になるのか、いまだ不明確なままなのです。

 

国としては、2019年4月~6月の間に各電力会社に売電価格をHP等で告知するように

通達されましたが、まだどこも発表されておりません。

業界内では10円から12円くらいになるのでは?と言われています。

この問題を、「2019年問題」と呼んでいます。

売電価格は年々低下し、今後も上昇する可能性は少ないと言われています。

今後は太陽光発電で発電した電気を売るのではなく自分で使う時代に変わっていきそうです。

蓄電池や電気自動車を導入し、昼間の電力をためておけば、電力会社から高い電気を

購入することなく自分の家で発電した電気を自分で使えば良いわけです。

また、災害時に電力会社からの電力が途絶えても電気が使用できるのもメリットの一つですね。

今後は太陽光+蓄電池で、自家発電、自家消費、自給自足の生活が主流となってきそうです。

また、最後になりますが、この時代の流れを早めに察知し、太陽光発電を搭載している

お家に訪問し、市場価格の2倍以上の価格で契約を迫ってくるような悪い業者さんたちも

多く出回っているようですのでご注意ください。

実際、私の自宅にも来ました(汗)

今回この内容を掲載させて頂いたのはそれが理由です。

 

太陽光発電や蓄電池にご興味のある方は、是非スタイルデザインの各スタジオにご相談ください。

光熱費のシュミレーションなどもご提案致します。

Read more

用途多様な万能スプレー

皆さんこんにちは!!

アフター担当の秋山です。

ブログ初投稿になります!よろしくお願い致します!!

 

気温も上がり、風も強く今の時期は花粉に悩まされている方も

多いのではないのでしょうか。

私は花粉にも土埃にも悩まされています。

そんな風が強い日が続き何もしていないと何年か後に家のある部分にある変化が訪れます。

それは、、、シャッターが土埃などで重くなったりします。

そんな時に役に立つのが!!

そう!!

シリコンスプレーなんです!

このスプレーをシャッターのサイドレールに使用してタオルでふき取ると

すごく滑らかに滑るようになります。

他にも車やバイク、タンスの滑りをよくしたり、網戸のレールもこれで軽くなったりします。

他にもカーテンの滑りが悪い時、滑りのみならず錆止めに使えたりもします。

ただ気を付けなくてはいけない事もあります。

例えばですが滑るように使えるものですので

足元に近い部分に使用する際には注意が必要です。

撥水性がありWAXのようなものにもなるので

歩いた時に転んだりしてしまうので気を付けなければなりません。

またよく似た商品である潤滑剤・潤滑油と言われるものを

サッシなどに使うと余計に埃が付着してしまったりすることもあります。

使うととても便利で役に立つものですので

是非使用してみてはいかがでしょうか。

 

Read more

桜前線まであと少しですね

皆さんこんにちは、

ブログでは初めまして。

昨年11月から入社しまして本社勤務をしております杉村と申します。

どうぞよろしくお願いいたします^ω^

先月のぽかぽか陽気からついに私も花粉症と戦うシーズンが幕を開けました。

ようやく暖かくなった途端のエンカウントは辛いですよね。。。

花粉症とは無縁の方は窓を開ければ柔らかな春の匂いが感じられる季節ではないでしょうか?

そこで今回は、家の外観のポイントにもなる「窓」のお話をしたいと思います。

新築でよく見かける「縦長のスリット窓」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイン性に優れ、スタイリッシュでかっこいいですよね。

この窓は90度まで開くので、設置する場所によって効率よく風を室内へ取り込むことができます。

どの方角から風がよく入るかを事前にチェックし、

住宅内へ有効的に風を取り込む「ウインドキャッチ」をぜひ取り入れ

自然の風をうまくご活用なさってみてくださいね。

窓の役割は様々で通風の他に採光、日射熱も得ることができます。

大きな窓一面から得られる熱量はストーブのと同等にもなりますので、

窓といってもその効果、性能は無下にできないところです。

年々窓の性能は向上していますので、デザイン性と共に断熱性能にも注目してみてくださいね。

 

このあたりの今年の桜の開花時期は三月下旬ごろと平年並みだそうで、

田園を彩る壮観な桜の木々の間を通勤するのが今から楽しみです。

(なるべく雨が降りませんように・・・)

Read more

汚れの種類

皆様こんにちは!工務の空(そら)です。

今回、初投稿になりますがよろしくお願い致します!

 

だいぶ暖かくなりまして、そろそろゴールデンウィークの予定をたてる方、もう決めている方と様々かと思います。

私は大型連休を目安にあることをしています。それは、水回りの大掃除です。

一般的に、年末年始に一気に行う方が多いかと思いますが、年末年始は忙しい?ことがほとんどなので自宅の水回りの頑固な部分の掃除はゴールデンウィークに行っています。

 

掃除を始めると必ず「汚れ」が出てきますが、そんな汚れの中にも種類があるのです。

・ほこり汚れ 中性

・油汚れ 酸性

・水あかの汚れ アルカリ性

これらの汚れの性質とは逆の洗剤を使って「中和」させると、とても綺麗になるんです!

 

自宅のお風呂の床が黒ずみになることが多いのですが、床汚れの原因としては、蛇口やシャワーから出るお湯には水質を良くする為にカルシウムやマグネシウムなどの成分が含まれていて、それらが蒸発して固まることで水あかになります。

黒ずみは、その水あかの上から石鹸やシャンプーで頭や体を洗うことで、皮脂などの油汚れが床へ付着して蓄積されることで発生するようです。

 

蛇口にみられる白い汚れは「水あか」なのでアルカリ性です。キッチンペーパー等に酸性系(クエン酸やレモン水など)の成分を浸し、巻きつけたりして少しの間、放置しますと綺麗に中和されます。

キッチンのシンクや洗面台も応用できるので便利です。(お酢も有名ですが掃除後のにおいも気になるので普段はポッカレモンなどを使ってます)

床の黒ずみは「油汚れ」になるので酸性です。油汚れ用洗剤を床の汚れにかけて、凸凹の部分にも行き渡るようにラップを上にかけてパックしてます。そのまま30分程、放置してからラップを外しブラシでこすってから水で流すとかなり綺麗になります!

さらに頑固なキッチン回りなどの油汚れなんかは、重曹をペースト状にした物も市販されてますので使用すると便利ですので、もし年末掃除したけど汚れがそろそろ気になってきたなんて事があれば試してみて下さい!

Read more

安らぎの寝室づくり

皆さん、こんにちは!

経理の裕子です。

春と言えば…「春眠暁を覚えず」という言葉を思い浮かべます。

「春はぐっすり眠れるものだから、夜が明けたのに気づかず寝坊してしまう」

という意味だそうです。

春になると朝でなくても、睡魔に襲われる機会が多いような気がします。

そんな睡眠は人生の大半を占めており、人間の身体にとって必要不可欠です!

睡眠がきちんとできていないと、元気がでませんよね。

元気良く楽しい毎日をおくるためには、しっかりと睡眠をとって体を休める事です。

自分にとって心地よく安らげる寝場所になっているか環境を整えることも大事な要素です。

温度と湿度、音、光、色彩、香り、肌に触れる物の肌触り

私の中の理想的なイメージは一流ホテルの寝室です。

自動的にベッドメイキングしてもらえたら…なお最高です。

とは言え、一流ホテルをマネをするのは難しいですが、安らげる寝室の環境づくりの参考になるかもしれませんね。

Read more