お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う営業時間短縮のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

厚生労働省から発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を踏まえ、感染拡大防止に向け、下記のとおり営業時間を短縮することといたしましたのでお知らせいたします。

営業時間 9:00~17:00 (全スタジオ)

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申しあげます。

※営業時間につきましては、今後も変更となる可能性がございます。変更が発生した場合については、改めてホームページにてご案内をさせていただきます。

Read more

新築引越し準備リストと注意点

皆さん、こんにちは!

経理の裕子です。

さて、新築への引っ越しが決まったけど、どこから手を付けたら良いのか困っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、引っ越し時にチェックしておきたいポイントをまとめました。作業漏れであわてないために、落ち着いてひとつずつチェックポイントを確認していきましょう。引っ越しが決まったら、処分できる家具や家電がないか考えてみましょう。新居に持っていく荷物を減らすことができれば、その分引っ越し費用を抑えることができます。
新居ですっきり暮らすことを目標にして、家族みんなで断捨離にチャレンジしてみるのもおすすめです。

①引越しで処分できる家財道具はないかチェック

②旧居の解約手順を確認

③各種契約の住所変更を済ませる

④引っ越し業者は早めに準備

⑤引越で出るごみ処理のスケジュールを把握しておく

⑥引っ越しに必要なグッズ・アイテムを準備

⑦入居後に必要なものを準備

⑧今の近隣に引越前の挨拶を済ませる

⑨引っ越しの「お日柄」を決める

⑩郵便の転送手続・引越の住所変更をする

 

引越しの荷造りの注意点4つ

引っ越しの荷造りには、いくつか気を付けるべきことがあります。新居に着いてからのスムーズな荷解きにも関わることですので、家族全員に周知しましょう。

① 大きいダンボールに重い本を詰め込まない
② ダンボールは正しく組み立てる
③ 新居での間取りに従って箱詰めする
④ 布団と割れ物を一緒に梱包しない

 

これらを気を付けるだけで格段に搬出が楽になりますし、思わぬ事故を防ぐことができます。
大切な荷物を破損しないためにも、荷造り時は以上のことに気を付けて作業してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read more

外壁塗装 塗料

皆さまこんにちは 松崎です!
桜の花も、ちらほらだいぶ暖かくなりました。

今回は外壁塗装 塗料について

外壁塗装で使用される塗料の主成分はいずれも合成樹脂で、
そこに含まれる物質によって仕上がりの見た目や耐久性が変わってきます。

アクリル系塗料
軽量で、色をくっきり見せる効果がある塗料です。
コスト面でもっともすぐれていますが、紫外線に弱く、
耐用年数が短めです。

・こまめに塗り替えをして気分転換したい。
・リーズナブルに塗り替えしたい。

ウレタン系塗料
アクリル系塗料に比べて、防水性と耐水性にすぐれた塗料です。
比較的安価で、バランスがとれています。用途の範囲が広く、
戸建住宅を中心に幅広い建物で使用される塗料です。
密着性にもすぐれており、塗装の剥がれが気になる箇所に使えます。

・比較的低予算ですませたい。
・塗料の剥がれが気になる箇所がある。

シリコン系塗料
ウレタン系塗料に比べて、耐久性と対候性、仕上がりのよさに
すぐれた上質な塗料です。
弾性にもすぐれているので、塗膜の下で小さなひび割れができても、
防水性を損ないません。
耐用年数が長く、コストパフォーマンスのよい塗料で、
現在もっとも人気です。

・コストパフォーマンスのよい上質な塗料

フッ素系塗料
耐久性、耐候性、撥水性にすぐれていますが、一方で汚れやすいという
デメリットもある塗料です。
美しい光沢もありますが、価格がもっとも高いので、
一般住宅ではそれほど普及していません。

長い目で見たときに、価格が安い塗料にしたい。

Read more

「建前」

皆さまこんにちは 佐々木です!

今年は暖冬と言われていまして、お客様の大切な工事現場を預かる身として降雪記録がなく(今日現在)

例年より順調に外部工事が進められた冬だったと振り返っている今日この頃です。

 

さて、先日上棟を迎えられましたお客様より「餅まき」のご要望がございました。

私自身住宅業界に携わってからも、ほんの片手程度の回数しか経験していなかった為、

それはそれは楽しみにしておりました♬

当日は週末の土曜日ということもあり、たくさんの人出で大いに賑わいました(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_________ _________ _________

ここで 上棟式(建前)とは・・・

木造では棟を上げ、建方が終わったことを意味します。従って上棟式は「儀式」というよりもむしろ、職人さんをもてなす「お祝い」の要素が強くなります。
工事に関わった人が一同に顔を合わせ、工事の安全を祈願し、お互い協力して良い家をつくろうという意思確認をする場でもあるのです。親しくしている近所の人にも声をかけ、参加してもらうのも良いかと思います。近所の人が来られると、施主の人柄を見ることができ、現場で働く人にとってもほっとすることがあります。

家を建てること自体、大変な労力とお金がかかるものですが、家づくりは人間関係のご縁の賜物と私は考えています。様々な出会いがあり、一人一人の手作業を通してつくり上げられていく喜びを感じることができるからです。それがまた家族の絆、地域のコミュニケーションにもつながることでしょう。

上棟式では職人さんの意外な芸や趣味にびっくりさせられることも度々あります。施主はこんな人が自分の家づくりに関わっているのだという親しみも感じ、その後現場に行った時には話が弾むこともあります。

_________ _________ _________

 

施主様の笑顔🎵ご家族様の笑顔🎵ご近所の方々の笑顔🎵職方たちの笑顔🎵

たくさんの笑顔に包まれて、とても幸せな時間を送らせていただきました。

そして、家族や地域の方々とのコミュニケーションが薄く感じる時代に思えていましたが、

やっぱり人と人のつながりってあたたかいなぁと思いましたし、伝えていかなくてはなと

つくづく感じた次第です。

 

施主様の大切なマイホームづくりに携わらせていただくのも、大切なご縁。。。

これからも、たくさんの笑顔が弾けて頂けるよう、ご一緒に楽しみましょうね♬♬

2020/03/10

 

Read more

床暖房

こんにちは!飯塚です。

あっという間に今年も3月にはいりましたね!

まだ寒さ続いてますが、皆様体調は大丈夫でしょうか?

寒さ対策と言えば、エアコンやヒーターはもちろんですが

住宅では床暖房も普及されていますね!

 

 

 

足もとから温まると部屋全体が温まるんですよね。

居室はもちろんですけど、洗面所やトイレにもいいですよね!

暖かい部屋から寒いトイレや洗面所に行くの嫌ですもんね。

 

 

 

床暖房には電気式のシートタイプや温水式の物、

温水で蓄熱タイプの物もありますね!

他にもいろいろなタイプがあると思いますが

住宅に使われるのはこの辺が多いかもしれないですね。

 

Read more

家でできる新型コロナウイルス対策について

こんにちは!石田です)^o^(

最近の話題と言えば、なんと言っても新型インフルエンザだと思います。

私も毎日、外出する時はマスクを着けて今まで以上にうがい・手洗いを

意識して行っています。

それでも日本のみならず世界的に日々感染者が増え続けており、

具体的な治癒方法が確立されていない事に恐怖を覚える方も

多いのではないでしょうか?

日本は今年オリンピックを控えていますが「本当に大丈夫か?」と思ってしまいます。。。

 

 

さて、そんな折ですので自宅でできるコロナウイルス対策について調べてみました。

 

①手洗いとアルコール消毒

当たり前の事ですが石鹸で手を洗ってから手や指の消毒のため

アルコール(70%)を塗るとウイルスは不活化するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②次亜塩素酸ナトリウムによる除菌

物の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効だそうです。

私も家に帰ったら毎晩ドアノブやカバンの持ち手、スマホなど よく触る所を

こまめに消毒するのが日課になっています。

 

③マスクの着用

こちらも言うまでもないのですが、新型コロナウイルスは「飛沫感染」や「接触感染」が

原因と考えられておりますので、マスクの着用は基本中の基本ですね。

 

 

 

 

 

 

④免疫力を高める

免疫力が落ちると新型コロナウイルス以外の感染症にかかるリスクも高くなり

かかった時に重症化する可能性も高くなります。

一般的な風邪やインフルエンザ対策と同様に、普段から十分な睡眠とバランスの良い食事

適度な運動を心がけるのが大事だそうです。

 

 

 

 

 

 

⑤体温を上げる

体を温めると免疫を上げるリンパ球が大幅に増加するそうです。

体温が1℃上がると免疫が大きくアップすると言われ36,5℃あれば免疫が高い状態だそうです。

冷え性の方に限らず体温を上げるためには血行をよくすると良いそうです。

「首」「手首」「足首」の3つの首は皮膚が特に薄く太い動脈が皮膚に近い所に

あるそうですので、気温の影響を受けやすく冷えを感じやすい所だそうです。

ネックウォーマー・アームウォーマー・手袋・レッグウォーマー・靴下などで

意識的に温めておくと体温が上がり免疫もあがるそうです。

それから足湯も効果的だそうです。

 

いかがでしょうか?ご存知の方も多かったと思います。

マスクや消毒薬も手に入りにくい状況ですのでなかなか難しい事もあるかもしれませんが

意識する事が大事だと思います。

 

それにしても、早く終息してくれる事を祈るばかりです<(_ _)>

Read more

ランドリールーム

こんにちは結城店石塚です。

2020年もあっという間に1月が終わり、今日はもう2月13日

明日はバレンタインデーですね

今年の冬は雪も降る事がなく暖冬に終わりそうですね

今日の最高気温はなんと20度の予想で4月の頃のお天気だそうです

暖かいのは良いのですが、ここ数年の異常気象には驚異を感じますね

今日は花粉も相当飛んでいそうですね

日本人の四人に一人の割合で花粉症の症状がみられるそうです

今年の花粉飛散量は去年の夏、降水量が多かった事と日照時間が少なかった事を

受けて去年の六割ほどと少なめの予想だそうですが油断はできませんよね

我が家でも主人がひどい花粉症なので洗濯物には気を付けています

柔軟剤をいつもより多めに使い静電気を抑える事で衣類に花粉を付着させない事もそうですが

洗濯物の干し場所にも気を配っています

外にはもちろん干せないのでサンルームに干しています

 

こんな時おしゃれなランドリールームがあればなぁーと思いますね

築22年の我が家にはそんなものはなく浴室乾燥や衣類乾燥機もありません

次に家を建てるなら絶対に付けたい主婦の家事を楽にしてくれるアイテムですよね

家事をいかにストレスなく効率よく終わらせるか

毎日の事だけにとても大事なことですよね

 

 

Read more

洗面

 

 

 

 

 

こんにちは!!結城スタジオの荒川です!!

今日は洗面を紹介したいと思います!!!

洗面もお客様それぞれの好み 意匠性 使いやすさなどで、ご提案させていただくDesignも様々です

こちらはナラ材のカウンターに四角いボウル 三面鏡を付けて 洗濯やお化粧などの

スペースを多くとったタイプ

可動棚を設けて 洗剤 化粧品 タオルなど収納できるスペースを設けています

壁はデニムっぽい生地でカジュアルに仕上げています

中庭に接しているので、自然光でメイクアップもばっちり!!

 

カウンターが広いと洗濯や 取り込み時に 作業台としても活用でき好評です(結城市の物件)

こちらはトイレの手洗い器です。トイレの手洗い器は人それぞれで、ゲスト様用に意匠性を考えて

Designをこだわる方もいます。お引き渡し後、お話しを聞くと、家族はトイレの洗面でなく、洗面所で手を洗う

なんていう方もちらほら。。あくまでインテリアとして考えている方と、実用性で考えている方と

二通りに分かれますね(大田原市の物件)

ナラ材のカウンターに かわいらしいモルタル風のボウル ペーパーやドアノブ 水栓など

ブラックに統一 一貫性のある素材選び 色選びが重要ですね

こちらは、洗面所のダブルボウル

こちらもモルタル壁 モルタル風床 コンセントや 水栓はブラックに

ご家族でバッティングしないために、ここ最近 ダブルボウルの需要が増えています

また片方のボウルに洗濯物を付けおきするなどの使い方もできますね!!

 

こちらは 洗面台とは別に

スロップシンクを設置 頑固な汚れもの 靴 部活などの泥汚れなど

予洗いなどができて便利 靴を洗ったら水が切れるまで すのこにおいておけるのも便利(大田原市の物件)

 

洗面所には デザインや意匠性を求める声が多いです ホテルやレストランにあるような

ラグジュアリーな雰囲気 石張りやタイル 間接照明など

皆さんがマストに求める部分は清潔感ですね!

毎日使う洗面 見た目 使いやすさ 採光の取入れ 皆様一人一人に合った洗面を一緒に見つけましょう

 

(結城市の物件) サーモタイルを使用

Read more

外構のすゝめ

皆様、明けましておめでとうございます。古河studioの関根です(‘◇’)ゞ

今回は、家を建てた後に行う外構工事についてお話をさせて頂きます。

家を建てるだけでも大変な費用が掛かるのに、次は庭をつくらないと。。。

●車を止めたい ●防犯の為に ●見た目が悪いからetc…やりたい事が沢山ありますね

要望している全てが叶えば良いのですが、敷地の問題や予算の面など色々な事で

我慢しないといけない部分が出て来るはずです。

ここでは皆さんが庭づくりを始めた時にやって来るであろう我慢が、妥協にならないよう

予め庭づくりの重要な所を紹介したいと思います。

 

Point①

「庭でなにをしたいのか」

BBQをしたい。スポーツをしたい。ペットと遊びたい。本を読みたい。など

どんな事をして過ごしたいのかが大事です。イメージだけで工事を進めると使い道が無いのに

維持管理の手間だけが掛かると言う事にもなりかねません。(;´∀`)

 

Point②

「庭の役割を理解する」

庭は場所によって果たす役割が変わるので、基本的な役割を知りましょう。

 

●家と道路間の部分を 前庭 と言い、

主に駐車スペースや家のデザインを引き立たせるような工作物を設置する場所。

 

●リビング前の部分を 主庭 と言い、

主に張り芝やガーデニングなどで家族が楽しめるような場所。

 

●前庭と主庭を繋ぐ(家の周り)を 園路 と言い、

歩き易い仕上げが求められる場所。

 

近年では住宅のデザイン様式の変化に合わせて各庭の役割が曖昧な部分もありますが、

庭をつくる前に建物の図面を見ながら「この場所はこれに使おう」と前もって決めておく事が重要です。

 

Point③

「施工業者選び」

当たり前な話ですが、一番大事な所です。

●関係する法令を知っているか?

●建物のデザインに合わせてコーディネートしてくれるか?

●言われるがままでなく自らプランを提案してくれるか?

理想を形にしてくれそうだったり、自分が考えていた以上の庭を造ってくれそうだったり

楽しみながら庭造りを進められる相手が見つかると良いですね(*’▽’)

 

最後になりますが、

庭は家の一部で、とても重要な役割を担っています。

家を悪く見せるのも、更に良く魅せるのも庭次第です。

決して妥協する事なく、最良だと思う方法で庭造りを楽しんで下さい(‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read more

2019年 総まとめ

皆さんこんにちは、板垣です(*^^*)

今年も残すところあと僅かとなりましたね。。今年は元号改正、消費税増税など

色々な出来事がありました。

私個人の話になりますが、今年は現場監督として計24棟のお客様宅をお引渡しさせて

頂きました。監督の年間24棟というのは業界では一般的な管理棟数ですが、良い意味で

1年間忙しく、充実して仕事ができたと感じております。

一棟一棟に、お客様とのお打ち合わせや現場で悩んだ思い出はたくさんありますが、

特に印象に残ったお宅をご紹介させて頂きたいと思います。

建物外観になります。ジョリパッド仕上げの外壁と、木製サッシがとてもお洒落な雰囲気ですね!

リビングです。天井と壁はシナ合板貼りになっており、割り付けのバランスにいささか悩みました(*_*;

室内に木の見える面積が多いのはデザインもそうですが、癒しの効果もあるそうです。

洗面脱衣室 まるでホテルのような雰囲気です。今回はガス乾燥機も設置させていただきました。

こちら書斎スペースになります。こちらもナラ材を多く使用しており、とても落ち着ける空間と

なっております。

 

他にも見どころはたくさんありますが、施主様の満足のいく仕上がりになりとても嬉しく思います。

現場で悩むことは多々ありましたが、お客様も積極的にお打ち合わせに来ていただいたので、私にとっても

納得のいく出来栄えでした☆

 

ご紹介させていただいたお客様を含め、今年担当させて頂いたお客様方には大変お世話に

なりました。皆様のご協力やご厚意があってこそ、忙しい中にも充実した1年が過ごせました。

来年も皆様のご期待に添えられるよう一層尽力していきたいと思いますので、

何卒よろしくお願い申し上げます<m(__)m>

 

 

Read more