お知らせ

今年の汚れは今年のうちに・・・

こんにちは(^^)/ 石田信子です
今年も後数カ月となりましたね!
今年の汚れは今年のうちに・・・ということで
年末の一大行事の一つ「大掃除」に向けて今から始めている石田家であります。
マイホームを綺麗に保つための〝お掃除″は、毎日大変ですよね!
何もしていなくてもホコリやゴミは何処からともなくやってきます
〝お掃除″にとって重要な「掃除機」について今回は調べてみました(^_-)-☆
国内外のメーカーが続々と参入して競争が激化している「掃除機」。
面倒な掃除を楽にするには、用途に会った使い勝手のよいモデルを選ぶことが大切です。
そこで今回は、おすすめモデルや自分が欲しいタイプを紹介。
吸引力や操作性はもちろん、お手入れが簡単かどうかも重要なポイントとなります。

まず今の主流は「コードレス掃除機」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電源コードをコンセントに挿す手間がなく、サッと掃除できるのが魅力です。
電気コードがからまったり、家具に引っかかったりすることも少ないため、
ストレスなく掃除できます。
コードレスタイプは軽量モデルが多く、女性でも片手で楽に操作できるのがポイント。

本体がコンパクトなのでテレビの裏などを掃除するのにも最適です。

ランニングコスト不要の「サイクロン式」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイクロン式の掃除機は遠心力で吸い込んだ空気を回転させて
ホコリと空気を分離し、ホコリのみをダストカップに集めます。
掃除後はダストカップに溜まったゴミを捨てればよいので
紙パックを購入するランニングコストがかかりません。
しかし・・・ダストカップやフィルターをこまめに掃除する必要があります。

お手入れが楽な「紙パック式」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙パック式の掃除機はゴミが溜まったら紙パックごと捨てればよいので、
お手入れが簡単。紙パックをゆっくり外せばホコリもあまり出ないので、
面倒な後処理がほとんど必要なく、楽にメンテナンスができます。

そして(‘ω’)私が一番欲しいモデル
アイロボット(iROBOT) ルンバi7+

ルンバは、今までも使用していましたが、留守中や他の事をしている時に
勝手に掃除をしてくれて、隅々まで綺麗にしてくれます。
ルンバの動きを邪魔しない為に余計な物も置かなくなり必然と片付いた部屋に
今までのタイプでも満足でしたが・・・
ルンバシリーズで初めて自動ゴミ収集機「クリーンベース」に対応した
「ルンバ i7+」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルンバが清掃を終えてベースに帰還すると、自動的にゴミを
クリーンベース内の紙パックに排出します。
紙パックは密閉型のため捨てるときにゴミが散らばらないことも魅力。
週1~2回の掃除であればおよそ1年間交換の必要がなく、
基本的にゴミを見ない・触らない生活が叶います。
また、ルンバに「部屋」の概念を持たせたことも特徴。
「Imprint スマートマッピング」と呼ばれるこの機能を使うことで、

ルンバが部屋の間取りや状況を学習・記録します。

専用アプリ「iRobot HOME」を使えば、掃除する部屋や曜日の指定も可能です。
従来モデルと比較して吸引力は10倍にアップ。
大きなゴミから微細なハウスダストまで吸引します。
ルンバ本体のダストボックスは水洗いもでき、お手入れが簡単なこともポイント。
床掃除からゴミ捨てまで任せられるおすすめのモデルです。

このブログを書いているだけで欲しさが倍増致しました( *´艸`)

皆様もこれから買う方や、買い替えを検討されている方は
参考にしてみてください。
電気屋さんを見て回るのも楽しいですよ(^^)/

Read more

ローリングストック

皆様こんにちは、つくばスタジオの栗山です。

先月の台風第19号により被災・避難された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

私も一日程度ですが、避難所にお世話になり、防災について深く考えるきっかけになったので、

すぐにでも実践できる内容をお伝えしたいと思います。

 

皆さんは、いざという時の為に食料の備蓄をしていますか?

備蓄の必要性を感じている方も、実際に食料を備蓄しておくことはなかなか難しいものだと思います。

実際に備蓄をしていても、「気が付いたら消費期限が大幅に過ぎていて使い物にならなかった」といった

失敗が起こりがちなんだそうです。

 

そんな時は「ローリングストック」が無駄なく有効です。

ローリングストックとは、特別に非常食を用意するのではなく、日常的に使っていて保存性のよい食料品

を少し多めに買い置きし、その備蓄した食料品を、定期的に食べて、食べた分を買い足して、一定量の食

料を家に備蓄しておく方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ほっかいどうの防災教育(知識編)

 

メリットは

●備蓄するハードルが低い

●保管場所に困らない

●賞味期限を切らしにくい

●災害発生時に平時と近い生活を送ることができる

 

デメリットは

●食べるために調理する食材が多く、ガスコンロ・お鍋などの調理器具や食器を用意する必要がある

●レトルト食品やカップラーメンなどを食べない方 には不向き

 

過去の被災者の多くは、災害後の避難生活の際に“温かい物”が食べたかったと語っていますし、

今回、私自身も同じ気持ちになりました。

日常+αの食料品、卓上コンロとガスボンベ、飲料水は備えておくことを強くおすすめします。

 

Read more

皆様こんにちは。つくばスタジオの田崎です。

最近、沖縄の貴重な文化財である首里城が焼失してしまいましたね。

沖縄に行かれたことがある方は、必ずと訪れると言っても良いような

沖縄のシンボルがなくなってしまったのは、非常に残念なニュースでした。

 

ここまで火災が早く進行した理由の一つとして、『漆』が使われていた事が

あげられています。『漆』はよく燃え、有害物質を出さずにキレイに燃えるそうです。

そんな『漆』使う理由は、首里城の壁面を彩る鮮やかな朱色を表現する為、

そして木材を雨風や紫外線から守り、腐食や割れなどを防ぐ為に用いられます。

琉球王朝の文化を表現したとても鮮やかな装飾です。

 

また、この装飾は日光東照宮の修復にも使われており、

東照宮の華やかな装飾も表現しています。

 

 

 

そもそも『漆』とは何なのか。

漆の木という、ウルシ科の落葉高木から採れる樹液です。

漆の樹液は、この木の幹を半年間かけて少しずつ傷つけて採ります。

傷をつけられたことによって、それを治すために樹液が分泌される為だそうです。

人間もケガをすると血が出ますが、やがて固まりかさぶたになって、傷が治ります。

漆の木も、傷を治すために「漆」という液を体内で作ります。

それをとる為に、漆の木を長い時間かけキズをつけ続けるそうです。

この工程を知ると、『漆』は木の生命力を元にした

貴重な材料ということが良くわかりますね。

 

『漆』には、美しさ以外に強度の面でも非常に優れています。

日常生活で身近なものでもある漆器は『漆』を塗った食器です。

漆器は『漆』を塗って一年もたつと、滅多な事ではキズが付かなくなり、

塩分、アルコール、酸、アルカリなど、どんな溶剤にも溶けるということはなく、

もう二度と液体には戻ることはないそうです。

ダイヤモンドさえも溶かす液体をこの漆器に入れてみても、

溶けることが無かったそうです。

 

 

 

 

首里城消失という悲しいニュースから、漆の素晴らしさを知る機会になりました。

皆様もぜひ再建を願いながら、漆器を使ってみてはいかがでしょうか?

Read more

床材について

皆様こんにちは、つくばスタジオの小口です。

今日は床材についてお話しをしたいと思います。

空間の中でも、広い面積を占める床材は、インテリアのイメージをきめる

大切な素材です。

また、素材の選び方によっては、日々のお手入れやメンテナンスの

しやすさなども異なります。

素材や商品によって、価格は大きくかわりますので、機能性など優先順位を

明確にして選ぶことが大切です。

木質フローリングは大きく無垢材と複合フローリングに分けられます。

無垢材とは、切り出した天然木の一枚板を加工したもののことです。

樹種によって異なりますが、一般的に空気を多く含んでいるので保湿性や

断熱性が高いことが特徴です。

湿気の多い季節は余分な湿気を吸収し、乾燥しがちな季節は排出する調湿作用

もあります。

ただし、湿度の変化によって、膨張と収縮を繰り返すので、場合によっては

反りや割れなどが生じることもあります。

複合フローリングは合板などの基材の表面に化粧材を張り合わせたものです。

化粧材によって、突板タイプと化粧シートタイプに分けられます。

突板タイプは、薄く削った天然木の突板を用いたものです。張り合わせる天然木

はナラやサクラ、などさまざまですが、厚いほうが、溝も深く木目が鮮やかです。

商品によっては、無垢材と区別がつかない程です。

化粧シートタイプは、樹脂やオレフィン、紙などのシートに、木目や石目などを

印刷したものを基材に張り合わせたものです。

品質や仕上がりが均一で施工性に優れていることなどが特徴です。

突板タイプと見分けがつかないような商品も揃っています。

 

いずれの床材を選ぶ場合でも、実物を確認してください。

壁材や天井材と一緒に検討することも大切なポイントです。

Read more

リチウムイオン電池

皆さまこんにちは、つくばスタジオの坂東です。

まず初めに、今回の台風19号の被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

そして、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

今回の台風で私が感じたことは、今までの経験はあまりあてにならない、そして今後、自然災害は増えていくのだろうという事です。

近年、台風が大型化しており、まず間違いなく来年も台風が直撃する可能性が高いでしょう。

先日の気象庁の発表によると近年台風の大型化や数の多さには地球温暖化が関係しているという事でした。

台風のエネルギー源は海から放出される水蒸気によるものですが、温暖化によって海面の水温が上がり水蒸気が多く放出され、台風にパワーを与える原因となってしまうという事です。
なんと21世紀末には台風の発生数が1.7倍になると予測しています。

地球温暖化については他人ごとではなく、地球の将来に向けて本当にしっかりと考えていかないといけないと思いました。

そんな中、先日、地球温暖化の改善につながる誇らしいニュースもありました。
2019年のノーベル化学賞が日本の化学メーカー旭化成の吉野 彰さんに送られることが発表されました。

受賞の理由はリチウムイオン電池の開発です。

すでにリチウムイオン電池はスマートフォンや電気自動車、住宅の蓄電池、デジカメやノートパソコンなど
既に吉野さんのチームの発明によって便利な製品に囲まれています。

この電池が今、地球が直面している温暖化と立ち向かう大きな可能性を秘めていると話題になっています。

昔から小さくて軽い、そして大きな力の出せる夢の電池を作るため金属の中で最も軽いリチウムは早くから注目されていました。

しかし、リチウムには発火の危険性があり、市場にでるのはなかなか難しいと考えられていたようです。

その危険性を吉野さんのチームはリチウムそのものは使わない安全な組み合わせを発見することにより、

最終的に1985年軽くて大きな力を出せる現在のリチウムイオン電池の原型を完成させたのです。

今後の研究で電気を今より多く充電できる電池の開発が進めば、天気の影響を受けやすい

太陽光や風力発電やまだまだ長い距離を走れない電気自動車が広がる可能性があります。

そうなれば、この電池によってエネルギー問題はもとより、将来の温暖化の問題まで良い方向に向かうのではと期待されています。

この地球を救うかもしれない電池を同じ日本人が発明したことを、とてもうれしく思います。

今回を期に、私も家づくりにかかわる人間として少しでも、地球温暖化の改善に少しでも貢献できることは無いか考えてみたいと思います。

Read more

自分で家をメンテナンス

皆さまこんにちは!

カスタマー担当の秋山です。

気付けば10月も残り半分になりました。

生まれて初めて元号が変わったのですがあっという間に年が明ける時期まで

やってきていました。

年末と言えば年越し行事はもちろん、大掃除を行う方がほとんどではないでしょうか?

そんなとき手軽に買うことの出来るものや、普段使っているもので意外な使い方が出来るものがあります。

まず毎日使う 歯ブラシ・歯磨き粉です。

歯ブラシはサッシの隙間の掃除もそうですが、歯磨き粉と合わせることで

ステンレス製ポストなどの錆落としに使用することができます。

使い方は普段の歯磨きと同じで歯ブラシに歯磨き粉を付けて磨けば完了です。

歯磨き粉の種類によっては効果のない物もありますのでご注意ください。

次にセスキと言われるものですが、

・粉末タイプ

・霧吹き等の水タイプ

・泡タイプ

などがありドラックストアや100円ショップなどで見かけたり、

実際に使っている方も多いかと思います。

油汚れに強い掃除用スプレーとしてテレビなんかでも流れていましたね。

・洗濯物の付け洗い

・ゴミ箱や三角コーナーの消臭効果

・お風呂の皮脂汚れや手垢

・たばこのヤニ汚れ    など

他にもまだまだ用途が有りまさに万能ですね。

 

皆さんも年末のタイミングや普段使いなどで是非お試ししてみてはいかがでしょうか?

Read more

外観のおしゃれは「まずマド」

こんにちは、事務の杉村です。

先日LIXILさんの研修会へ参加してきました。

テーマは「窓」。

 

 

 

 

 

 

 

 

講演していた方はお子さんのいる主婦の人気ブロガーさん。

「窓」がおしゃれだと気分も雰囲気もガラッと変わるという、

専門的でない目線からのお話が聞けました。

「おしゃれなカフェは「窓」の近くに座りたいなと思いますよね 」

(たしかに…)

「 内観がおしゃれな住宅は外観もおしゃれですよね 」

(うんうん…)

完成したら気軽には変えることが難しい「窓」。

住んでからでないとその善し悪しが体感しにくいポイントでありながらより生活に密着したアイテムです。

 

***

 

LIXILさんが調査したアンケートでは約75%割の方が

“ 窓をもう一度考えたい ” と思っているそう。

 

 

 

 

 

 

それほど「窓」は家にとって重要なことだとわかります。

窓の位置、形、大きさ。

ご自身がいいなぁ。こういうの好きだなぁ。

と思った建物、空間を感じたらプラス「窓」に着目してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、子育て世代へのアドバイスで「家事時短」の空間づくりの話もありました。

毎日行う家事の代表選手の「洗濯物」。

洗って、干して、取り込んで。

それまではスムーズに進むご家庭が多いとの事。

【問題】は「たたむ」と「しまう」作業。

その問題を効率化できる間取りが「家事時短」が叶う家づくりへ近づきます。

 

また、水廻りも家を考える時にポイントになりますよね。

たとえば、憧れるのは対面キッチン。

けれど、生活感がとても出やすかったりします。

片付けが苦手。出しっ放しにしがち。

そんな方も多いはず。

生活スタイルを描きながらの家づくりで商品を選んでみるのもいいのかもしれません。

 

Read more

寝具の衣替え

皆さまこんにちは!!空です。

10月にもなり先月と比べると、寒く感じることも多くなってきました。

寒くなるのはあっという間で、まだ昼間は暖かいにしても夜の寝る頃には夏用のシーツや布団ではいられなくなっていきますね。

衣替えの時期になりますが、ベッドを使っている方で、寝具を今の時期や定期的に洗っていてもマットレスのお手入れまで行き届かず長い間置きっぱなしという方も結構多いそうです。一見汚れているようには見えなくてもかなり本体自体汚れていて、人が一晩にかく汗の量はコップ一杯分とも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

マットレスのお手入れだけでも何点かあり、

・マットレスの下を乾かす。

・マットレスに掃除機をかける。

・マットレスをひっくり返す。

などあります。

まず、マットレスの下は定期的に片側をあげて風を当てたり、マットレスを立てたりして底面を空気に当てて乾かすのが理想的のようです。マットレスによっては布団のように天日干しせず陰干しする方がいいものもあります。

次に、マットレス本体はシーツやパッドを使って覆っている方が多いとは思いますが、それでも頭や上半身などの主に汗をかく部分、縫い目や溝には汚れがたまりやすいです。掃除機をかけることでダニの繁殖を防ぐのも効果的です。

最後のマットレスをひっくり返すのは私もこまめにやるのですが、前後の入れ替えと表裏の入れ替えをローテーションで行うことでマットレスを長持ちさせる効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、長持ちに重要なのはやはり上の二点の「清潔に保つ」ことということで、カビやダニもいなくなった安心感からぐっすり眠ることも出来ますし、お子様をアレルギーなどから守る事にもつながります。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもありますので、快適な環境で眠ることでまず予防をしていきたいものです。

 

Read more

災害に備える家づくり

皆さん、こんにちは!

経理の裕子です。

9月は防災月間です。

平穏な日常を突然襲う「天災」 ひとたび巻き込まれれば、失うものの大きさは、計り知れません。

そして、災害は地震だけではありません。近年は台風や大雨による土砂災害や洪水が多く発生しています。

だからこそ、様々なリスクに備えた家づくりは自分の身を守る最善の方法ではないかと思います。

 

これから家づくりを考える人にとって、地震への関心は大きいものだと思います。

地震・水害・風害などの自然災害対策としてできることは

・地盤が強く洪水や土砂災害などのリスクのない土地選び

・火災や損壊に強い構造の家 (防耐火性・強化ガラス等)

 

そして自然災害によるライフライン途絶の二次災害には

・太陽光と蓄電池 長引く停電に有効です(既にお住いの家にも取付できます)

・備蓄収納の確保

・家の中の安全確保(家具の固定など)

 

あらゆる災害を想定しながら、必要に応じてリフォーム等も検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

Read more

玄関ドア リフォーム

皆さんこんにちは

リフォームの松崎です。

 

玄関ドア交換工事の他にも玄関引戸交換工事、が一日で簡単に
リフォームできる商品が沢山あります。
工事発注の流れとしては、現場調査(寸法確認)、ドアの種類を選択
発注から一週間程度で製品が出来てきます。
工事は既存ドア撤去、下地調整、新設ドア枠取付、ドア吊り込み調整、
飾り枠取付、わずか一日で完成になります。

玄関ドア交換が完成できて壁や床タイルを壊さずに施工できるので
壁や床の納まりがきれいです。

 

 

 

 

 

 

鍵も、クロマの鍵のようにタッチキーも選択できます。

自動で鍵がかかるタイプは閉め忘れの
心配も解消されます。

玄関を通るたびに、夏の暑さや
冬の寒気も断熱性能をUPすることにより
夏、涼しく 冬、暖かく快適な玄関に
なります。

Read more