お知らせ

毎回、完成するたびに、うれしい気持ちでいっぱい 良い家を建ててくだい

こんにちは

結城studioの荒川和之です

今夏は結城市とつくばと

3件のお引渡しをいただき、出来上がりに感動し

お客様とともに喜び、うれしいひと時を満喫させていただきました

家つくりの醍醐味は、なんといってもお引渡し

うれしさと感動がこみあげてくるこの時こそが至福の時でもあります

 

良い家つくりとは??なんてよく聞かれますが

家つくりは基本楽しいものでなければならないと思うのです

そのためには予算や希望をかなえて、なおかつ返済も家計を圧迫せず

将来、子供に教育を施し、安定した老後を過ごせるだけの余裕がほしいもの

 

何のために家を建てるのかを良く考えていただき

ず~~っと老後まで活用できる家、間取り、動線。

デザイン的にも

色褪せないHouseを手に入れていただきたく、日々、

愛を持って

設計に取り組んでおります

 

 

 

 

↑↑は結城市の家

 

 

家つくりには

土地のこと

融資のこと

将来設計

子育て

老後

好きなこと 楽しみたいこと

ご家族おのおのの生き方

などなど

 

家つくりにおいて

考えなければならないことは、多種多様で

簡単には大正解を導くことはできないのですが

そこをちゃんとくみ取れたアドバイスをもらわないと

お客様は何を選んだほうが良いのか、判断がつきませんし

私たちアドバイザーが引っ張っていく必要があります

 

作り手と、お客様との共有がどのあたりまでできているのか。。

それは単にデザインとかそういったものだけではなく

お互いの価値観や、生き方、家族、物の価値、好き嫌い、社会情勢、トレンド

生きることと、死ぬこと、

そういったすべての事柄を共有しなければ、満足のいくHouseは建てられませんし

一生に一度の家のために、どれだけの考えや価値観を、作り手とお客様で共有できるかが

家つくりをしていく上でのカギになると思うのです

 

また、そういった価値観が、いまいちまとまらない

納得しないまま、作り手のお話を鵜呑みにしているだけで

設計の考え方が、実際にはお客様の望んでいるものでなかったり

望んでいても伝えられなかったり、なにから始めたらよいかわからなかったり。。

「はい!この状態なら今は建て時ではありません」

 

より正確な(お客様にとっての)知識をきちんともっていてほしいのです

そのためには作り手もお客様も、正しい信念のもと、切磋琢磨して

”楽しい”を感じながら本当のHouseを探し続けてほしいし、ぶつかってきてほしいと思うところです

壁にぶち当たったら一緒に考えればよいし、

一つずつ疑問や不安を解消して、より楽しい家つくり、より楽しい生活を

皆様にしていただきたく想っております

 

荒川

 

 

Read more

防犯カメラ

皆さんこんにちは、板垣です。暑さも本格的になってきましたね。

もうお盆休みに入られている方もいらっしゃると思いますが、今年はコロナウイルスの影響で

休みをご自宅で過ごされる方が多いようですね。

逆にご自宅を留守にして帰省される方にとって心配なのが、ご自宅の様子だと思います。

防犯ガラスやライトなど、様々な防犯対策があるとおもいますが、ここ最近増えてきているのが

ワイヤレス型の防犯カメラです。

様々なメーカーから発売されていますが、最近はだいぶお購入しやすいお値段になっているようですね!

見た目も昔より小型化され、威圧感のないデザインのものが多いです。

工事も比較的簡単で、ネット環境が整っていれば外部コンセント等の電源のみで取付出来ます。

調べてみたところ4台以上のセット商品が多く、専用のモニターが付くもの、リビング等のTVで見れる

ようにできるものなど様々な種類があるようです。

取付場所ですが、①玄関 ②車庫・駐車場 ③物置など ④裏口など に取り付けるのが一般的

だと思います。

専用のアプリを入れればスマホで見られる物もあるので、これがあれば出先でも安心ですね!

 

Read more

古民家レストラン

皆様こんにちは!古河studioの天形です。

今年は長く感じた梅雨の影響と私の糖質制限もあり、長らく外食に行ってなかったのですが、先日古河店メンバーで久しぶりにお昼を食べに

行こうということになりました。古河studioの周辺のお店はほとんど行ったことがあるので、私の隠れ家として利用している場所を紹介する

ことにしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにお店があると分かりますか?古河市中央町にある古民家レストランのSUNROSEさんです。

初めて入るにはなかなか勇気のいる佇まいですが、かろうじて「N」と「E」の文字がフォークとナイフになっているため、レストランであ

ることが分かります。でも入り口は?

周辺を探すとエントランスらしきところが見つかりますが、まだお店が見えないためにドキドキします・・・

 

 

敷地内に入るとまずはお稲荷様が目に入ります。

 

樹木に隠れて見えなかった建物です!まさに古民家!非常に落ち着いた雰囲気です。昭和の初期に下駄問屋さんとして建築されたそうで、

当時の趣きが今に残ります!ここまで来るととてもワクワクします!

 

店内の様子です。※お店の方にブログ掲載の許可を頂き撮影しております。ありがとうございます!

お昼にお邪魔したのですが、ランチメニューも種類が豊富で、とても美味しく頂きました!

またこの雰囲気の中で食事ができるので、どこか懐かしく、落ち着いた時間を過ごせます。席数も約30席もあるのですが、

ゆとりがある配置になっており、非日常が味わえます。

毎年夏休みには和歌山県の田舎に帰省しているのですが、似たような作りになっており、ついつい思い出されます。

 

 

奥には裏庭があり、店内の雰囲気づくりに一役買ってます。

 

「古民家再生」などのリフォームの需要もあるように、昔の日本の古き良き建物は、日本人にとって懐かしさと落ち着きを感じられ、好きな

方が多いのも分かります。

現在の住宅は、バリアフリーや省エネ、快適性などが向上し、間取りの自由度も増したため、とても便利に生活できるようになりました。

その反面、日本らしい文化が徐々に失われつつあるのも現実です。そんな中、今回ご紹介したSUNROSE(サンローズ)さんのようなお店があ

ると、とても良い時間が過ごせます。これからのお家にも、昔の人々が考えてきた良いところを少しでもご提案して行けたらと思えるような

気持ちにさせてくれるとても良いお店でした!

 

 

 

Read more

夏季休業のお知らせ

お客様各位

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、2020年8月11日(火)~8月19日(水)まで、株式会社StyleDesignは夏季休業とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

2020年8月20日(木)以降に順次対応させていただきますので、ご了承の程お願いいたします。

Read more

植栽のすゝめ

こんにちは 古河studioの関根です(‘◇’)ゞ

近年の梅雨はひたすらに雨が続いて外出するのも億劫に

なりますね・・(>_<)

ご自宅で過ごされる機会も多くなるかと思いますが皆さまは

いかがお過ごしですか?

今回のテーマは「おうち時間を楽しくすごそう」という事で

お庭に彩りを添える植栽をおススメしたいと思います。

家から出なくても木々が茂っている庭を眺める事で景色を楽しめ

ますし、枝葉が揺れる音を聴きながらゆっくり過ごしても

リフレッシュ出来そうですね(*^^*)

そもそも何故、庭を作るようになったかと言うと、その起源は

平安時代までさかのぼり屋敷に居ながら外の世界を感じられる

ように池を作り、橋を架け、山を築き、庭を演出したのが

始まりだと言われています。

今も昔も家にこもってばかりでは飽きるんですね・・(;´∀`)

 

少し前の世代においてもお庭作りは重要で

サザエさん一家も波平さんが盆栽やら植木の世話をして

休日を過ごしていた記憶があります。綺麗な庭を作り

建物をより立派に見せるのは家長の仕事!!

しかし、休みの度に枝の剪定や草刈りをするのは

正直しんどいです・・・遊んでたい・・・

かく言う私も庭の手入れは滅多にしません(;´∀`)

 

そんな方でも、やっぱり植栽を植えて欲しいです。

無機質なドライコートも良いけど、植栽を植えた庭があると

見え方が全然違います。お庭は無理なく小さな範囲で作る事

も出来るし、お手入れを少なく済むように作る事も出来ます。

下に小さな植栽スペースを設けたお庭の例を挙げていきますので

植栽の良さを感じていただけたら幸いです。(*^^*)

 

「植栽施工事例」

 

 

 

この中でお好みのお庭はありましたか?

どのお宅も管理がしやすい程度のスペースに収めているので

日々のお手入れに追われる事はありません。

楽しみながら出来るお庭から始めてみませんか(*^^*)

Read more

ランドリースペースの見直しでスッキリな暮らし。

本格的な梅雨に突入し、日々山のような洗濯物と戦っているコーディネーターの渡邉です。

この時期はなかなか乾かない洗濯物に悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃると思います。毎日の習慣なので、できるだけ楽にストレスなく済ませたいと思うのは私だけではないはず・・・

実際、お客様と打合せを進めていく中で、ランドリースペースの動線に悩まれ、洗う・干す・取り込む・畳む・仕舞う、の流れをできるだけ短時間で済ませたいというご要望を頂きます。

そこで私たちが多くのお客様にご提案しているのは、洗濯機⇔洗濯干し場を隣接させることです。多くの住宅で、洗濯物は2階のベランダに干すのがセオリーです。水分を含んで重くなった洗濯物を、2階まで運んで干すなんて、時間もかかるし辛すぎます・・・

写真のように洗面所(写っていませんが洗面台の後ろに洗濯機を配置しています。)から出てすぐのところに洗濯干し場(ウッドデッキの部分です。)があれば、重い洗濯物を2階に運ぶという動線が一つ減ります。

実際に自宅でも取り入れた動線なのですが、洗濯機から取り出して2歩で洗濯物を干せるので、だいぶ洗濯に費やす時間が減りました。

 

そして、梅雨時期は外に干せない日も多いので、洗面室や浴室で室内干しをしています。サーキュレーター等を活用すると乾かす時間の節約にもなりオススメです。

Style Designでは室内物干し、浴室には浴室換気乾燥暖房機を標準装備しているため、梅雨時期はとくに大活躍です。

また、洗面室横にクローゼット等を配置することで、畳む・仕舞うのも格段に楽になりますし、洗濯物がリビングやほかの部屋に散らかる心配もなくなりますね。

 

 

 

 

洗濯動線を洗面室を中心にまとめて、スッキリな暮らしを実現させましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read more

インテリアの色彩計画

皆さんこんにちは、コーディネーターの松尾です。

今回はインテリアの色彩計画についてお話しようと思います。

インテリアを選ぶ上でお部屋全体の配色に合ったものかどうかは大切な要素です。

好きな色のアイテムを無計画に買ってしまったがお部屋のテイストに合っていないということもあると思います。

お部屋全体の配色をうまくまとめるには「ベースカラー」、「アソートカラー」、「アクセントカラー」

の3段階で色をとらえて計画することが大切です。

①ベースカラー(基調色)

床、壁、天井など大面積を占める部分に用いる色で、各部屋のインテリアイメージの基調になります。

(ホワイト、アイボリー、ブラウン系など)

床や壁に鮮やかな色を選ぶと落ち着かない部屋になってしまうので、どんな色とも合わせやすい馴染みやすい色にしておくと

どんな色彩計画にも対応できます。

②アソートカラー(配合色)

家具やカーテンなど中面積を占める部分に使われる色で、ベースカラーの特性を高めたり、

ベースカラーに変化をつけたりするための色です。

③アクセントカラー(強調色)

クッションや小物、絵など小面積に用いる色で、ベースカラーを主体とする秩序感に対して、目立つ変化を

加えるための色です。

お花や写真などといったアイテムを使って、季節ごとにアクセントカラーを変えることもおすすめです。

 

全体的な比率としましては、

ベースカラー:7

アソートカラー:2.5

アクセントカラー:0.5

といわれいます。

 

これから家具を揃える方はこの比率をイメージしていただけるとバランスが取れると思います。

新しいインテリアを購入するときにぜひ参考になれば嬉しいです(^^)/

 

 

 

Read more

土地を「探す?」それとも「選ぶ?」

皆さん、こんにちは。つくばスタジオの自見(じけん)です。

梅雨の時期に入りましたが、日中晴れ間があるとジリジリと暑くなりますね。

 

今回は、土地について少しお話をしたいと思います。

家を建てる際、土地からの方はまず、「土地を探す」という言葉が頭をよぎるかと思います。

インターネットでも沢山のポータルサイトがあって、気になるエリアや価格を検索すると土地情報が出てきますよね。

希望エリアの土地価格の相場を知り、広さなどを確認して、色々な楽しい妄想がそこから始まるかと思います。

不動産業者さんへ行き、土地情報を貰い、現地に行き・・・

又は、インターネットから不動産業者さんへ問い合わせをして、土地情報を貰って現地へ行き・・・

正直、現地へ行き分かる事は、土地の高低差と、近隣の環境、道路、学区、広さ、土地代位でしょうか?

具体的にパッとイメージが沸いて、この土地だ!って思われる方って、恐らく少ないのでは?と思います。

大半の方は、「もっと良い土地があるのではないか?」、「少し時間が経てば、他にも出てくるんじゃないか?」と

だんだんと欲が出てくるお話を良くお聞きします。

 

 

 

 

 

 

 

 

一言で言います。

「土地選びは、建物以上に難しい」と思います。

なぜなら、同じ土地は一つしかないからです。

 

今回お伝えしたかったのは、土地を「探す」では無くて、「選ぶ」という考えに変えて行動をして頂きたいという事です。

「探す」と「選ぶ」ではだいぶ意味が違います。

探すというのは、辞書では、見つけ出そうとして、方々見たり歩き回ったり、人に聞いたりする。

選ぶというのは、辞書では、多くの中から目的や基準に合うものを取り出す。

全く違いますよね。もちろん、探すより選ぶの方が圧倒的に労力が費やされません。

土地探しに疲れてしまっている方は、大半「探している」からだと、僕は考えます。

今日から、「探す」から「選ぶ」に視点を変えて意識して行動してみると、すごく楽になりますよ。

 

「選ぶ」という基準であれば、自分のふさわしい土地が見つかる事が多いと思います。

この記事を読んで、土地探しに悩んでいる方、疲れてしまっている方がいらっしゃれば、参考にして頂けると嬉しく思います。

良い土地に巡り合えるといいですね。

では、また。

Read more

水拭きできる「調湿壁」エコカラットプラス

皆様こんにちは、コーディネーターの栗山です。

本日は機能性とデザイン性を併せ持った建材をご紹介したいと思います。

 

ヒロミさんのDIYの番組でも使われた、LIXILさんの「エコカラット」という商品で、

室内の空気を整えてくれるインテリア商材です。

現在は「エコカラット」から水拭きができる「エコカラットプラス」に全商品統一されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:エコカラットプラスカタログ

 

 

【エコカラットプラスの特徴】

1. 湿度の調整

優れた性能を持つエコカラットの調湿効果は、吸放湿性が高い珪藻土の約6倍、また調湿機能をもつ壁紙の約25倍にも及びます。

そのため、お部屋の湿度変化を安定させ、  結露や過乾燥を抑制します。

梅雨時期のカビ予防、ダニの繁殖抑制、洗濯ものの部屋干しにも効果があり、その効果は半永久的に持続します。

 

2. 生活臭の脱臭

トイレ、生ゴミ、たばこ、ペットなどの生活臭を吸着・脱臭

珪藻土や調湿壁紙より短時間ですっきり脱臭します。

 

3.有害物質を低減できる

シックハウスの原因となるホルムアルデヒドやトルエンなどの有害物質を吸着し、低減します。

小さなお子様からお年寄りまであらゆる人にやさしい環境をつくります。

 

4.お手入れが簡単

珪藻土のような従来の調湿素材と言えば、室内の湿気とともに、水分と汚れまで吸着してしまうこともあり、水拭きが難しいとされていました。

しかし、水と汚れを吸着しない「エコカラットプラス」では、雑巾でサッとひと拭きするだけで、跡を残さず、壁を綺麗に保つことが可能に。
泥よごれ、皮脂よごれ、コーヒー染み、たばこのヤニなどは洗剤を使えばきれいに落とせます。

 

このような特徴・性能をもつエコカラットプラスですが、

マットな質感で壁のアクセントにもなるのと、間接照明との相性も良いところが人気の理由だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:エコカラットプラスカタログ

 

LIXILさんのショールームに行って実物をたり(現在、コロナウィルスの影響で予約制になっています)、ホームページからカットサンプルも手配できるので、

ご興味ある方はぜひご検討ください♪

 

 

Read more

無駄

つくばスタジオの田崎です。

 

StyleDesignメンバーは

家づくりを考えるうえで、

無駄なスペースをいかに少なくするか、

無駄な通路や壁はないか、

そんなことを考えながら

プランニングやデザインをしています。

 

この『無駄』について、

家づくりに関しては

個人個人で、無駄なのかそうでないかが

それぞれであるという事が

はっきりとわかる、特異な分野ではないかと

私は思っています。

 

一見、無駄な空間に見えても、

施主様にとっては非常に重要なスペースである場合があります。

生まれ育った生活スタイルや趣味、趣向の違い。

何かをしまう、何かをする、何かを飾るなど

人によって必要とする空間、スペースが違うからです。

 

一見、意味のない無駄な壁があったとしても、

立地によっては目隠しになっていたり、

プライバシーを確保する為だったりします。

目線を遮ることで、室内空間の利用価値を屋外まで広げることが出来、

室内をより充実させるかもしれません。

 

このように、デザインの為だけに『無駄のもの』を存在させているわけではなく

それぞれ個人や立地などの様々な要因で、

その『無駄なもの』に対する意味、捉え方が異なります。

 

誰かにとっては無駄なものでも、違う誰かにとっては無駄ではないという、

そんな世界にひとつだけの、自分達だけに意味があって使いやすい、

そんな家づくりを、StyleDesignで実現してみませんか?

Read more