お知らせ

洗面

 

 

 

 

 

こんにちは!!結城スタジオの荒川です!!

今日は洗面を紹介したいと思います!!!

洗面もお客様それぞれの好み 意匠性 使いやすさなどで、ご提案させていただくDesignも様々です

こちらはナラ材のカウンターに四角いボウル 三面鏡を付けて 洗濯やお化粧などの

スペースを多くとったタイプ

可動棚を設けて 洗剤 化粧品 タオルなど収納できるスペースを設けています

壁はデニムっぽい生地でカジュアルに仕上げています

中庭に接しているので、自然光でメイクアップもばっちり!!

 

カウンターが広いと洗濯や 取り込み時に 作業台としても活用でき好評です(結城市の物件)

こちらはトイレの手洗い器です。トイレの手洗い器は人それぞれで、ゲスト様用に意匠性を考えて

Designをこだわる方もいます。お引き渡し後、お話しを聞くと、家族はトイレの洗面でなく、洗面所で手を洗う

なんていう方もちらほら。。あくまでインテリアとして考えている方と、実用性で考えている方と

二通りに分かれますね(大田原市の物件)

ナラ材のカウンターに かわいらしいモルタル風のボウル ペーパーやドアノブ 水栓など

ブラックに統一 一貫性のある素材選び 色選びが重要ですね

こちらは、洗面所のダブルボウル

こちらもモルタル壁 モルタル風床 コンセントや 水栓はブラックに

ご家族でバッティングしないために、ここ最近 ダブルボウルの需要が増えています

また片方のボウルに洗濯物を付けおきするなどの使い方もできますね!!

 

こちらは 洗面台とは別に

スロップシンクを設置 頑固な汚れもの 靴 部活などの泥汚れなど

予洗いなどができて便利 靴を洗ったら水が切れるまで すのこにおいておけるのも便利(大田原市の物件)

 

洗面所には デザインや意匠性を求める声が多いです ホテルやレストランにあるような

ラグジュアリーな雰囲気 石張りやタイル 間接照明など

皆さんがマストに求める部分は清潔感ですね!

毎日使う洗面 見た目 使いやすさ 採光の取入れ 皆様一人一人に合った洗面を一緒に見つけましょう

 

(結城市の物件) サーモタイルを使用

Read more

外構のすゝめ

皆様、明けましておめでとうございます。古河studioの関根です(‘◇’)ゞ

今回は、家を建てた後に行う外構工事についてお話をさせて頂きます。

家を建てるだけでも大変な費用が掛かるのに、次は庭をつくらないと。。。

●車を止めたい ●防犯の為に ●見た目が悪いからetc…やりたい事が沢山ありますね

要望している全てが叶えば良いのですが、敷地の問題や予算の面など色々な事で

我慢しないといけない部分が出て来るはずです。

ここでは皆さんが庭づくりを始めた時にやって来るであろう我慢が、妥協にならないよう

予め庭づくりの重要な所を紹介したいと思います。

 

Point①

「庭でなにをしたいのか」

BBQをしたい。スポーツをしたい。ペットと遊びたい。本を読みたい。など

どんな事をして過ごしたいのかが大事です。イメージだけで工事を進めると使い道が無いのに

維持管理の手間だけが掛かると言う事にもなりかねません。(;´∀`)

 

Point②

「庭の役割を理解する」

庭は場所によって果たす役割が変わるので、基本的な役割を知りましょう。

 

●家と道路間の部分を 前庭 と言い、

主に駐車スペースや家のデザインを引き立たせるような工作物を設置する場所。

 

●リビング前の部分を 主庭 と言い、

主に張り芝やガーデニングなどで家族が楽しめるような場所。

 

●前庭と主庭を繋ぐ(家の周り)を 園路 と言い、

歩き易い仕上げが求められる場所。

 

近年では住宅のデザイン様式の変化に合わせて各庭の役割が曖昧な部分もありますが、

庭をつくる前に建物の図面を見ながら「この場所はこれに使おう」と前もって決めておく事が重要です。

 

Point③

「施工業者選び」

当たり前な話ですが、一番大事な所です。

●関係する法令を知っているか?

●建物のデザインに合わせてコーディネートしてくれるか?

●言われるがままでなく自らプランを提案してくれるか?

理想を形にしてくれそうだったり、自分が考えていた以上の庭を造ってくれそうだったり

楽しみながら庭造りを進められる相手が見つかると良いですね(*’▽’)

 

最後になりますが、

庭は家の一部で、とても重要な役割を担っています。

家を悪く見せるのも、更に良く魅せるのも庭次第です。

決して妥協する事なく、最良だと思う方法で庭造りを楽しんで下さい(‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read more

2019年 総まとめ

皆さんこんにちは、板垣です(*^^*)

今年も残すところあと僅かとなりましたね。。今年は元号改正、消費税増税など

色々な出来事がありました。

私個人の話になりますが、今年は現場監督として計24棟のお客様宅をお引渡しさせて

頂きました。監督の年間24棟というのは業界では一般的な管理棟数ですが、良い意味で

1年間忙しく、充実して仕事ができたと感じております。

一棟一棟に、お客様とのお打ち合わせや現場で悩んだ思い出はたくさんありますが、

特に印象に残ったお宅をご紹介させて頂きたいと思います。

建物外観になります。ジョリパッド仕上げの外壁と、木製サッシがとてもお洒落な雰囲気ですね!

リビングです。天井と壁はシナ合板貼りになっており、割り付けのバランスにいささか悩みました(*_*;

室内に木の見える面積が多いのはデザインもそうですが、癒しの効果もあるそうです。

洗面脱衣室 まるでホテルのような雰囲気です。今回はガス乾燥機も設置させていただきました。

こちら書斎スペースになります。こちらもナラ材を多く使用しており、とても落ち着ける空間と

なっております。

 

他にも見どころはたくさんありますが、施主様の満足のいく仕上がりになりとても嬉しく思います。

現場で悩むことは多々ありましたが、お客様も積極的にお打ち合わせに来ていただいたので、私にとっても

納得のいく出来栄えでした☆

 

ご紹介させていただいたお客様を含め、今年担当させて頂いたお客様方には大変お世話に

なりました。皆様のご協力やご厚意があってこそ、忙しい中にも充実した1年が過ごせました。

来年も皆様のご期待に添えられるよう一層尽力していきたいと思いますので、

何卒よろしくお願い申し上げます<m(__)m>

 

 

Read more

道の駅 さかい

皆様こんにちは!古河studioの天形です。

いよいよ冬本番のこの季節。朝布団から起き上がるのがツラくなってきました・・・インフルエンザが猛威を振るうとの報道もあるので、体調管理には気を付けたいと思います!

 

毎年この時期はお建ていただいたStyleDesignのオーナー様にカレンダーを配っております。その道中、この春にリニューアルオープンした境町にある「道の駅さかい」に立ち寄ってきました。平日の夕方にもかかわらず、駐車場内は割と混雑しており、他県ナンバーの車も多く見受けられました。

 

 

なんといっても目立っていたのは、2020年東京オリンピックのメイン会場である新国立競技場を担当した隈研吾さん設計の建物です。建物のテーマは「さしま茶」で、建物の周囲にお茶のプランターが日除けの効果も考えて設置されており、今回見ることはできなかったのですが、建物内部の壁や天井にもさしま茶で染めたファブリックが使用されているようです。

外装材やルーバーにはスギを多く使われていて、緑化との組み合わせは、新国立競技場と同じデザインのようです。

 

 

建物内にある「さかい河岸レストラン 茶蔵」は、1階は私が大好きなビュッフェスタイルの「さかいキッチン」、2階には「さしま茶サロン」と鉄板焼き「さかい鉄板」があり、料理には名産である「さしま茶」や「梅山豚めいしゃんとん」を使用し、地産地消型のレストランとなっているようです。

今回は私1人だったこともあり、入店する時間が無かったため、せっかくなので後日家族で来て、内装も含めて楽しみたいと思います。

 

 

 

また敷地内にはさしま茶を使用した地ビールを製造している「さかい河岸ブルワリー」もあり、道の駅内だけで、いろいろ楽しむことができそうです。

 

著名な建築家は、大きな建造物の依頼も多くあり、それなりの予算も使用し、迫力ある建物を建築することが多いと思いますが、今回の道の駅のように、規模や予算の制限がある中、人々を楽しませる(集客できる)建物の設計は、私が担当する住宅にもつながることが多くあると感じました。

探せば身近にあるこのような建物を今後も多く見ていきたいと思います!

Read more

レンジフードのシロッコファンについて。

皆様こんにちは。コーディネーターの渡邉です。

12月に入り、そろそろ大掃除を始めていらっしゃる方も多いと思います。

大掃除の時に1番大変と言っても過言ではないのがレンジフードの掃除だと私は思っています。

 

当社のお客様にはお手入れやお掃除の簡単なレンジフードをおすすめしておりますが、その中でもダントツお手入れがしやすいのがタカラスタンダードのレンジフードです。

フィルターや整流板、更にはオイル受けや整流板を外した内部まで、汚れやすい所は全てホーローとなっています。

ホーローのすごい所は水拭きや水洗いで油汚れが落ちてしまうこと。

食洗機洗浄もOKなんです。もちろんタカラ製をお使いの方はご存じのことと思います。

しかし、見落としがちなのが一番奥にあるシロッコファンの部分です。

残念ながらこれだけはホーローではなく、水で汚れが落ちる親水性ファンとなっております。実は、これもホーローと勘違いをされているお施主様が多くおりまして、数人の方から『食洗機で洗ったら塗装が剥がれてしまって錆びてしまった・・・』というご連絡を頂きました。

シロッコファンは食洗機で洗うと親水コーティングが剥がれ落ちてしまう可能性があるので、お掃除する際にはお湯にしばらく浸していただいて、汚れが浮いてきたら柔らかいスポンジと市販の中性洗剤でやさしく汚れを落としてみてください。また、クレンザー等の研磨材は絶対に使用しないでくださいね!

 

 

 

 

Read more

クリスマスオーナメント☆

皆様こんにちは、コーディネーターの松尾です。

だんだん寒さが厳しくなってきましたね。

あと数日後には12月!

12月といえばクリスマスですよね。

先日ハロウィンが終わったと思ったらお店にはもうたくさんのクリスマスアイテムが置かれています。

わたしも小さい頃母親と一緒にクリスマスツリーの飾りつけをやっていました。

(出典:STUDIO CLIP)

ツリーがあるだけで一気にクリスマス感が出ますね!

置くスペースがないという方は小物系もおすすめです。

(出典:afternoontea)

こちらは後ろがマグネットになっているので冷蔵庫に貼ることもできます。

ツリーやリースを飾る方が多いのかなと思うのですが、カラフルなクリスマスアイテムでリビングの雰囲気を壊したくないという方は、電球型のボトルやクリアボールに松ぼっくりやモミの木の葉、ビーズなどを入れて作るオリジナルのオーナメントも素敵だと思います(*^_^*)

どれも100円ショップに置いてありますのでご興味のある方はぜひ作ってみてください。

ちなみにわたしの姉宅では、ジェルインテリアステッカーをIH前のガラスパネルに貼っています。

誕生日、ハロウィン、クリスマス等全てのイベントごとをこちらで済ませているのでとても簡単です(笑)

 

皆さんもオーナメントでクリスマスを楽しんでください(^^)/

Read more

家づくりの間取りについて

こんにちは。つくばスタジオの自見です。
朝晩の冷え込みが一段と厳しくなり、冬の足音が聞こえてきましたね。
冬と聞くと、温かいコタツに入り、お酒を飲み、鍋を食べるイメージが強いのは、僕だけでしょうか??

 

さて、話がだいぶ変わりますが、今回は、間取りについてお話したいと思います。
いざ、家づくりを計画!となると、皆さん間取りについて考えた事はありますよね?
「使い勝手が良くて、開放感があって、生活導線が良くて、収納が沢山あって、あと日当たりも良くて・・・。あ、それと書斎も欲しいな!」など、考えるだけでもとても楽しくて、ワクワクドキドキしちゃいますよね。
でもせっかく間取りを決めて、要望通り!と思っても、いざ住んでみると、こだわりがあった部分が強すぎて、他の部分の使い勝手が悪くて、数年~数十年経つと、子供が巣立ち、夫婦だけになり、そして、おじいちゃんおばあちゃんになり・・・。

 

今だけのライフスタイルを見ず、長きにわたって考え、ピンポイントにこだわりを強く持たず、「家族と最も長く過ごす場所を最初に決める」というのはどうでしょうか?

その場所は、リビングかもしれません。
ダイニングかもしれません。
もしかすると、キッチンかもしれません。
家族によってその場所は変わることでしょう。
それとも、夫婦の共通の趣味を持てる空間を重視してはどうでしょうか?

 

お酒が好きなご夫婦であれば、お酒を楽しめる場所を優先する。

 

 

 

 

 

 

 

アウトドアが好きなご夫婦であれば、アウトドア用品が沢山収納できる空間をつくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽が好きなご夫婦であれば、音楽を楽しめる空間を考える。

 

 

 

 

 

 

 

あれもこれもとなると、人は欲が出ます。
家を建てることが目的でなく、『建てた後の生活を楽しむこと』に視点を変えると、欲を抑える事が出来ると思います。

一度、視点を変えてみて、家づくりを計画してみてはいかがでしょうか?

Read more

今年の汚れは今年のうちに・・・

こんにちは(^^)/ 石田信子です
今年も後数カ月となりましたね!
今年の汚れは今年のうちに・・・ということで
年末の一大行事の一つ「大掃除」に向けて今から始めている石田家であります。
マイホームを綺麗に保つための〝お掃除″は、毎日大変ですよね!
何もしていなくてもホコリやゴミは何処からともなくやってきます
〝お掃除″にとって重要な「掃除機」について今回は調べてみました(^_-)-☆
国内外のメーカーが続々と参入して競争が激化している「掃除機」。
面倒な掃除を楽にするには、用途に会った使い勝手のよいモデルを選ぶことが大切です。
そこで今回は、おすすめモデルや自分が欲しいタイプを紹介。
吸引力や操作性はもちろん、お手入れが簡単かどうかも重要なポイントとなります。

まず今の主流は「コードレス掃除機」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電源コードをコンセントに挿す手間がなく、サッと掃除できるのが魅力です。
電気コードがからまったり、家具に引っかかったりすることも少ないため、
ストレスなく掃除できます。
コードレスタイプは軽量モデルが多く、女性でも片手で楽に操作できるのがポイント。

本体がコンパクトなのでテレビの裏などを掃除するのにも最適です。

ランニングコスト不要の「サイクロン式」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイクロン式の掃除機は遠心力で吸い込んだ空気を回転させて
ホコリと空気を分離し、ホコリのみをダストカップに集めます。
掃除後はダストカップに溜まったゴミを捨てればよいので
紙パックを購入するランニングコストがかかりません。
しかし・・・ダストカップやフィルターをこまめに掃除する必要があります。

お手入れが楽な「紙パック式」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙パック式の掃除機はゴミが溜まったら紙パックごと捨てればよいので、
お手入れが簡単。紙パックをゆっくり外せばホコリもあまり出ないので、
面倒な後処理がほとんど必要なく、楽にメンテナンスができます。

そして(‘ω’)私が一番欲しいモデル
アイロボット(iROBOT) ルンバi7+

ルンバは、今までも使用していましたが、留守中や他の事をしている時に
勝手に掃除をしてくれて、隅々まで綺麗にしてくれます。
ルンバの動きを邪魔しない為に余計な物も置かなくなり必然と片付いた部屋に
今までのタイプでも満足でしたが・・・
ルンバシリーズで初めて自動ゴミ収集機「クリーンベース」に対応した
「ルンバ i7+」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルンバが清掃を終えてベースに帰還すると、自動的にゴミを
クリーンベース内の紙パックに排出します。
紙パックは密閉型のため捨てるときにゴミが散らばらないことも魅力。
週1~2回の掃除であればおよそ1年間交換の必要がなく、
基本的にゴミを見ない・触らない生活が叶います。
また、ルンバに「部屋」の概念を持たせたことも特徴。
「Imprint スマートマッピング」と呼ばれるこの機能を使うことで、

ルンバが部屋の間取りや状況を学習・記録します。

専用アプリ「iRobot HOME」を使えば、掃除する部屋や曜日の指定も可能です。
従来モデルと比較して吸引力は10倍にアップ。
大きなゴミから微細なハウスダストまで吸引します。
ルンバ本体のダストボックスは水洗いもでき、お手入れが簡単なこともポイント。
床掃除からゴミ捨てまで任せられるおすすめのモデルです。

このブログを書いているだけで欲しさが倍増致しました( *´艸`)

皆様もこれから買う方や、買い替えを検討されている方は
参考にしてみてください。
電気屋さんを見て回るのも楽しいですよ(^^)/

Read more

ローリングストック

皆様こんにちは、つくばスタジオの栗山です。

先月の台風第19号により被災・避難された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

私も一日程度ですが、避難所にお世話になり、防災について深く考えるきっかけになったので、

すぐにでも実践できる内容をお伝えしたいと思います。

 

皆さんは、いざという時の為に食料の備蓄をしていますか?

備蓄の必要性を感じている方も、実際に食料を備蓄しておくことはなかなか難しいものだと思います。

実際に備蓄をしていても、「気が付いたら消費期限が大幅に過ぎていて使い物にならなかった」といった

失敗が起こりがちなんだそうです。

 

そんな時は「ローリングストック」が無駄なく有効です。

ローリングストックとは、特別に非常食を用意するのではなく、日常的に使っていて保存性のよい食料品

を少し多めに買い置きし、その備蓄した食料品を、定期的に食べて、食べた分を買い足して、一定量の食

料を家に備蓄しておく方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ほっかいどうの防災教育(知識編)

 

メリットは

●備蓄するハードルが低い

●保管場所に困らない

●賞味期限を切らしにくい

●災害発生時に平時と近い生活を送ることができる

 

デメリットは

●食べるために調理する食材が多く、ガスコンロ・お鍋などの調理器具や食器を用意する必要がある

●レトルト食品やカップラーメンなどを食べない方 には不向き

 

過去の被災者の多くは、災害後の避難生活の際に“温かい物”が食べたかったと語っていますし、

今回、私自身も同じ気持ちになりました。

日常+αの食料品、卓上コンロとガスボンベ、飲料水は備えておくことを強くおすすめします。

 

Read more

皆様こんにちは。つくばスタジオの田崎です。

最近、沖縄の貴重な文化財である首里城が焼失してしまいましたね。

沖縄に行かれたことがある方は、必ずと訪れると言っても良いような

沖縄のシンボルがなくなってしまったのは、非常に残念なニュースでした。

 

ここまで火災が早く進行した理由の一つとして、『漆』が使われていた事が

あげられています。『漆』はよく燃え、有害物質を出さずにキレイに燃えるそうです。

そんな『漆』使う理由は、首里城の壁面を彩る鮮やかな朱色を表現する為、

そして木材を雨風や紫外線から守り、腐食や割れなどを防ぐ為に用いられます。

琉球王朝の文化を表現したとても鮮やかな装飾です。

 

また、この装飾は日光東照宮の修復にも使われており、

東照宮の華やかな装飾も表現しています。

 

 

 

そもそも『漆』とは何なのか。

漆の木という、ウルシ科の落葉高木から採れる樹液です。

漆の樹液は、この木の幹を半年間かけて少しずつ傷つけて採ります。

傷をつけられたことによって、それを治すために樹液が分泌される為だそうです。

人間もケガをすると血が出ますが、やがて固まりかさぶたになって、傷が治ります。

漆の木も、傷を治すために「漆」という液を体内で作ります。

それをとる為に、漆の木を長い時間かけキズをつけ続けるそうです。

この工程を知ると、『漆』は木の生命力を元にした

貴重な材料ということが良くわかりますね。

 

『漆』には、美しさ以外に強度の面でも非常に優れています。

日常生活で身近なものでもある漆器は『漆』を塗った食器です。

漆器は『漆』を塗って一年もたつと、滅多な事ではキズが付かなくなり、

塩分、アルコール、酸、アルカリなど、どんな溶剤にも溶けるということはなく、

もう二度と液体には戻ることはないそうです。

ダイヤモンドさえも溶かす液体をこの漆器に入れてみても、

溶けることが無かったそうです。

 

 

 

 

首里城消失という悲しいニュースから、漆の素晴らしさを知る機会になりました。

皆様もぜひ再建を願いながら、漆器を使ってみてはいかがでしょうか?

Read more