お知らせ

電気代

皆さまこんにちは。つくばスタジオの坂東です。

 

突然ですが、

最近、電気代が高いなって感じませんか?

生きていく上で欠かせない電気。今後も原発問題や原油高など、電気代はどんどん上がるのではないかと言われています。

そこで今回は、これからの電気事情について考えていきたいと思います。

まず、最近10年で具体的にどのぐらい電気代が上がってるのでしょうか?

 

単価でみてみると

2010年は21.56円(電気代単価)/kwh+0.22円/kwh(再エネ賦課金)

2019年は25.85円(電気代単価)/kwh+2.9円/kwh (再エネ賦課金)

と10年で 約30% も上昇しております。

特に注目すべきところは再エネ賦課金です。

なんと 13倍 も上昇しています。


今後2020年以降には、この再エネ賦課金の割合が電気代全体の20%を

占めるようになるともいわれています。

そもそも再エネ賦課金とは何なんでしょうか?

 

 

〇再エネ賦課金とは
「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の略。

再生可能エネルギーは発電にコストがかかるため、国が定めた割高な価格で電力会社が

買い取りをしています。

電力会社が買い取るための費用の一部を、私達が「賦課金」という形で負担しています。

再エネ賦課金は、電気を利用するすべての方が負担し、最終的には再生可能エネルギーで

発電している方のところに届きます。

要するに太陽光を載せていない人達が太陽光を載せてる人達の電気代を電力会社と一緒に

負担してあげているという事です。

これは家に搭載されている太陽光だけでなく最近よく目にする空き地にたくさんの太陽光を

設置しているものに対しても該当します。

 

という事はソーラーを沢山載せれば良いのか?

 

 

という訳ではありません。

 

太陽光発電の2019年問題は聞いたことがありますでしょうか?

上記で説明した固定価格買取制度により、電力会社は太陽光発電をはじめとした

再生可能エネルギーで発電した電気を、一定期間中同じ割高の価格で買い取ることが

約束されています。

10kW以下の住宅用太陽光発電であれば、期間は10年間になります。

では10年後の価格はどうなるのでしょうか?

 

実は、2019年は太陽光発電において大変重要な年となっています。

2019年は、住宅用太陽光発電の買取義務保証期間である10年が初めて終わりを迎え、

スタート時期から売電してきた世帯の契約が終了する年に当たります。

 

これまでの10年は高値で売電が出来ていましたが、2019年以降に買取義務保証期間が

はじめて終わりを迎えたあと、引き続き売電ができるのか。

そもそも売電が出来た場合の買取価格がどの程度になるのか、いまだ不明確なままなのです。

 

国としては、2019年4月~6月の間に各電力会社に売電価格をHP等で告知するように

通達されましたが、まだどこも発表されておりません。

業界内では10円から12円くらいになるのでは?と言われています。

この問題を、「2019年問題」と呼んでいます。

売電価格は年々低下し、今後も上昇する可能性は少ないと言われています。

今後は太陽光発電で発電した電気を売るのではなく自分で使う時代に変わっていきそうです。

蓄電池や電気自動車を導入し、昼間の電力をためておけば、電力会社から高い電気を

購入することなく自分の家で発電した電気を自分で使えば良いわけです。

また、災害時に電力会社からの電力が途絶えても電気が使用できるのもメリットの一つですね。

今後は太陽光+蓄電池で、自家発電、自家消費、自給自足の生活が主流となってきそうです。

また、最後になりますが、この時代の流れを早めに察知し、太陽光発電を搭載している

お家に訪問し、市場価格の2倍以上の価格で契約を迫ってくるような悪い業者さんたちも

多く出回っているようですのでご注意ください。

実際、私の自宅にも来ました(汗)

今回この内容を掲載させて頂いたのはそれが理由です。

 

太陽光発電や蓄電池にご興味のある方は、是非スタイルデザインの各スタジオにご相談ください。

光熱費のシュミレーションなどもご提案致します。

Read more

用途多様な万能スプレー

皆さんこんにちは!!

アフター担当の秋山です。

ブログ初投稿になります!よろしくお願い致します!!

 

気温も上がり、風も強く今の時期は花粉に悩まされている方も

多いのではないのでしょうか。

私は花粉にも土埃にも悩まされています。

そんな風が強い日が続き何もしていないと何年か後に家のある部分にある変化が訪れます。

それは、、、シャッターが土埃などで重くなったりします。

そんな時に役に立つのが!!

そう!!

シリコンスプレーなんです!

このスプレーをシャッターのサイドレールに使用してタオルでふき取ると

すごく滑らかに滑るようになります。

他にも車やバイク、タンスの滑りをよくしたり、網戸のレールもこれで軽くなったりします。

他にもカーテンの滑りが悪い時、滑りのみならず錆止めに使えたりもします。

ただ気を付けなくてはいけない事もあります。

例えばですが滑るように使えるものですので

足元に近い部分に使用する際には注意が必要です。

撥水性がありWAXのようなものにもなるので

歩いた時に転んだりしてしまうので気を付けなければなりません。

またよく似た商品である潤滑剤・潤滑油と言われるものを

サッシなどに使うと余計に埃が付着してしまったりすることもあります。

使うととても便利で役に立つものですので

是非使用してみてはいかがでしょうか。

 

Read more

桜前線まであと少しですね

皆さんこんにちは、

ブログでは初めまして。

昨年11月から入社しまして本社勤務をしております杉村と申します。

どうぞよろしくお願いいたします^ω^

先月のぽかぽか陽気からついに私も花粉症と戦うシーズンが幕を開けました。

ようやく暖かくなった途端のエンカウントは辛いですよね。。。

花粉症とは無縁の方は窓を開ければ柔らかな春の匂いが感じられる季節ではないでしょうか?

そこで今回は、家の外観のポイントにもなる「窓」のお話をしたいと思います。

新築でよく見かける「縦長のスリット窓」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイン性に優れ、スタイリッシュでかっこいいですよね。

この窓は90度まで開くので、設置する場所によって効率よく風を室内へ取り込むことができます。

どの方角から風がよく入るかを事前にチェックし、

住宅内へ有効的に風を取り込む「ウインドキャッチ」をぜひ取り入れ

自然の風をうまくご活用なさってみてくださいね。

窓の役割は様々で通風の他に採光、日射熱も得ることができます。

大きな窓一面から得られる熱量はストーブのと同等にもなりますので、

窓といってもその効果、性能は無下にできないところです。

年々窓の性能は向上していますので、デザイン性と共に断熱性能にも注目してみてくださいね。

 

このあたりの今年の桜の開花時期は三月下旬ごろと平年並みだそうで、

田園を彩る壮観な桜の木々の間を通勤するのが今から楽しみです。

(なるべく雨が降りませんように・・・)

Read more

汚れの種類

皆様こんにちは!工務の空(そら)です。

今回、初投稿になりますがよろしくお願い致します!

 

だいぶ暖かくなりまして、そろそろゴールデンウィークの予定をたてる方、もう決めている方と様々かと思います。

私は大型連休を目安にあることをしています。それは、水回りの大掃除です。

一般的に、年末年始に一気に行う方が多いかと思いますが、年末年始は忙しい?ことがほとんどなので自宅の水回りの頑固な部分の掃除はゴールデンウィークに行っています。

 

掃除を始めると必ず「汚れ」が出てきますが、そんな汚れの中にも種類があるのです。

・ほこり汚れ 中性

・油汚れ 酸性

・水あかの汚れ アルカリ性

これらの汚れの性質とは逆の洗剤を使って「中和」させると、とても綺麗になるんです!

 

自宅のお風呂の床が黒ずみになることが多いのですが、床汚れの原因としては、蛇口やシャワーから出るお湯には水質を良くする為にカルシウムやマグネシウムなどの成分が含まれていて、それらが蒸発して固まることで水あかになります。

黒ずみは、その水あかの上から石鹸やシャンプーで頭や体を洗うことで、皮脂などの油汚れが床へ付着して蓄積されることで発生するようです。

 

蛇口にみられる白い汚れは「水あか」なのでアルカリ性です。キッチンペーパー等に酸性系(クエン酸やレモン水など)の成分を浸し、巻きつけたりして少しの間、放置しますと綺麗に中和されます。

キッチンのシンクや洗面台も応用できるので便利です。(お酢も有名ですが掃除後のにおいも気になるので普段はポッカレモンなどを使ってます)

床の黒ずみは「油汚れ」になるので酸性です。油汚れ用洗剤を床の汚れにかけて、凸凹の部分にも行き渡るようにラップを上にかけてパックしてます。そのまま30分程、放置してからラップを外しブラシでこすってから水で流すとかなり綺麗になります!

さらに頑固なキッチン回りなどの油汚れなんかは、重曹をペースト状にした物も市販されてますので使用すると便利ですので、もし年末掃除したけど汚れがそろそろ気になってきたなんて事があれば試してみて下さい!

Read more

安らぎの寝室づくり

皆さん、こんにちは!

経理の裕子です。

春と言えば…「春眠暁を覚えず」という言葉を思い浮かべます。

「春はぐっすり眠れるものだから、夜が明けたのに気づかず寝坊してしまう」

という意味だそうです。

春になると朝でなくても、睡魔に襲われる機会が多いような気がします。

そんな睡眠は人生の大半を占めており、人間の身体にとって必要不可欠です!

睡眠がきちんとできていないと、元気がでませんよね。

元気良く楽しい毎日をおくるためには、しっかりと睡眠をとって体を休める事です。

自分にとって心地よく安らげる寝場所になっているか環境を整えることも大事な要素です。

温度と湿度、音、光、色彩、香り、肌に触れる物の肌触り

私の中の理想的なイメージは一流ホテルの寝室です。

自動的にベッドメイキングしてもらえたら…なお最高です。

とは言え、一流ホテルをマネをするのは難しいですが、安らげる寝室の環境づくりの参考になるかもしれませんね。

Read more

床材 種類

皆さんこんにちは松崎です。
春が近づき大分暖か成ってきました。

床は部屋に占める面積が広い大切な要素。
その部屋でどう過ごしたいか、どんな雰囲気の部屋にしたいか
もよく考えて選択しましょう。
適当に決めてしまうと、
後に失敗した!と後悔することになるかも。

床材の大まかな種類を知って、好きな床材はどれか
決めましょう。

素材で分けるだけじゃない! フローリングにも種類がある
選択肢も豊富で手堅いチョイス「複合フローリング」

床材にはさまざまな種類がありますが、最も一般的なのは木質素材の「フローリング」。
フローリングとひとまとめにされがちですが、素材となる木の種類だけでなく、
床材のつくりによっても種類が分かれています。
一般的な住宅で使われることが多い「複合フローリング」は、
基材となる合板などの上にナラ、カエデ、ブナ、カバなどの化粧単板や
特殊加工の化粧材を貼り合わせてつくったもの。
表面にはコーティング剤が施されており、水や汚れに強い、
傷に強い、ペットのいるお宅にも安心、既存の床の上から貼りやすく
リフォームに好適……など、
デザイン性や機能性の高い商品が多いのが特徴です。

天然木材の長所を活かすなら「単層フローリング(無垢材)」
「単層フローリング(無垢材)」は、天然木材から切り出された
いわゆる一枚板。
全般的な特徴としては、肌触りがよく調湿機能があるので素足
で歩いてもべとつかない、保温性や断熱性が高い、静電気が起きにくいと
いった点が挙げられます。
ただし、“無垢”の名前通り、天然木そのままの素材なので、
木の種類によって特徴は違ってきます。スギやキリなどの柔らかい
素材であれば傷がつきやすくなりますし、ローズウッドやウォールナット、
ヤマザクラなどは風合いもよく比較的硬いのですが、
高級素材のため価格も高めになります。

Read more

宅配ボックス

皆さんこんにちは。飯塚です。

最近、お客様に聞かれることが増えてきました。

宅配ボックス!

調べてみるといろいろなタイプの物があるんですね。

置くだけで済むもの!

 

 

門柱と一体型になっているもの!

 

 

簡易的に設置できワイヤーでつないでおくもの!

 

 

 

他にもたくさんありますね。

私もネットやオークションなどで物を購入することが多々あります。

買いに行く時間がなかったらネットで、とか

配送業者さんには申し訳ございませんが、

少し重い物は買いに行くと持って帰るのが大変だからネットで、とか

お店で探していても気に入ったものがなくてオークションで、とか

便利に使わせていただいてます(^^)

それなのに、荷受けができなかったりすると

ほんと申し訳ないなと思っています。

コンビニで受取ができたり、いろいろと便利にはなってきていますが、

不在でも自宅に置いて行ってくれる宅配ボックスは

かなり便利だなと思いました。

勝手に押印して置いて行ってくれるので少し心配はありますが、

配達業者さんの苦労も減るだろうし、

我が家にも欲しいなと思っています。

 

Read more

二世帯住宅

こんにちは!石田です)^o^(

寒さと乾燥でインフルエンザ大流行ですね!

私も気管支炎にかかり、1ヵ月以上苦しんでますが未だ完治はしていません。

こういう時期に受験を迎える受験生の方は本当にたいへんだと思いますが

体調管理に気を遣いながら頑張って欲しいと思います。

 

さて、昨日おとといの2日間、山形県鶴岡市の建築会社の見学会におじゃまして来ましたが

そちらのお客様の家が2世帯住宅でした。

茨城県では2世帯住宅は感覚的に少なく、更にだんだん減って来ている印象ですので

「珍しいな」と思ったのですが、鶴岡市は同居率が全国2位との事で来場されるお客様も

2世帯住宅をご検討されてる方が、数多くいらっしゃいました!

 

そこで今回は2世帯住宅について今一度考えてみました。

まず、2世帯住宅を建てる資金的なメリットを挙げてみます!

・資金負担が少なくて済む

・不動産取得税が少ない

・相続税が少ない

・固定資産税・都市計画税が少ない

・所得税(譲渡所得)が少ない

資金以外でも色々とメリットがありそうです。

・親子が安心して住める

・共働きで子供の世話や家事の負担が軽減される

・将来的に空き家になるリスクが減る

反対に考えられる不安要素は以下のような点でしょうか。

昔から嫁姑は不仲になりやすいと言われ、親世帯と子世帯で生活の時間帯が違う事も多いので

それぞれストレスに感じたり衝突してしまう事もあると思います。

また、光熱費や生活費の支払いについて揉める・・・なんて話も耳にします。

 

しかし、子世帯の1回目の建築時期・・・子供の出産で家族が増えアパートが手狭になる時期と

親世帯の2回目の建築時期・・・子供が独立して夫婦2人では広すぎたり古くなったので修繕や

バリアフリー化が必要になる時期は概ね重なる事が多いのも事実です。

子世帯側から見れば親の老後の病気や介護の世話

親世帯側では夫婦共働きにより孫の面倒や家事の分担をする事で

上手に助けあいながら生活している方々もたくさんいらっしゃいます!

 

加えて深刻化しつつある空き家問題や人口減少に伴って不動産の資産価値の低下も考えられます。

例えば今、土地を探して建築をお考えのお客様でなかなか良い土地が見つからないという方は

一度2世帯住宅の可能性もご家族で話合ってみるのはいかがでしょうか(*^▽^*)

Read more

ランドリールーム

こんにちは結城店石塚です。

大寒も過ぎ、暖かい春に少しずつ近づいてはいますが、

まだまだ寒い日が続きそうですね。

雪が降らないのは良いのですが、雨も久しく降らないおかげで

空気がカラカラに乾燥して火災や健康面にも影響が心配です。

社内でも今、風邪が蔓延しています。

インフルエンザも今がピーク。体調管理に気を付けたいですね。

 

これからの時期、関東特有の空っ風にも注意が必要ですね。

主婦としては洗濯物の干場に困ります。

最近の住宅では忙しい主婦の家事時間短縮を考えて

洗う⇒干す⇒たたむ⇒しまうの作業がスムーズに行える

ランドリールームを設けるケースもあるようです。



これならば、強風、雨、花粉の時でも心配なく洗濯物が干せますね。
リビングに洗濯物が干してあるのってあまり見栄えの良いものではないですよね。
たたんだ洗濯物をしまえる場所がすぐそばにあれば目につく所に出しっぱなしと言う事もないですね。

主婦にとって家事は毎日の事。少しでも快適にストレスなくこなしたいですよね。

マイホーム建築をご検討中の方、ランドリールームの設置お薦めします。

 

 

 

 

 

 

 

Read more

ヤシの木

こんにちは

結城STUDIOの荒川です

昨年、見学会をさせていただきました、小山市のお宅に

年始にお邪魔させていただいたのですが

外構工事がすっかり終わって

良い感じになっていました

 

こちらのお宅は内観はホテルライクな感じで

リゾートになりすぎないようなコーデをさせていただいています

 

ヤシの木があると、リゾート感が増しますね

 

ヤシの木といえば南国のシンボルとして広く知られています

ヤシの木は寒さに弱いと思っている方も多いと思いますが

品種によって、強い種類があります

日本で販売されているヤシのほとんどが

ヤタイヤシとブラジルヤシで、この二つは大変似ていて

見分けがつかないので、総称してココスヤシでと呼んでいます

寒さにも強く、日本の気候にも適しています

-10度まで耐えられるそうです

手入れもいたって簡単です

主にブラジル ウルグアイ アルゼンチンが原産で

一年に数センチしか伸びません

 

 

 

 

 

 

 

ココスヤシの相場は

大きさにもよりますが

20万円前後~30万円あたりでしょうか

大きいので輸送費がかかるのですよね。。。

お庭の雰囲気を一変した時には

非常に重宝します。

 

樹木の目的は

目隠しや夏場の暑さの軽減

意匠性やお庭のテイストを変えたいなど

色々と目的があります

四季を通じて変化する日本の気候では

紅葉などの変化を楽しむ意味では

常緑樹よりも落葉樹を選ぶのもありですね(^^♪

暑い夏はお庭に木陰を作ってくれます

 

お庭はとっても重要です

和洋などテイストは様々ですが

手入れの楽な良い樹木をお選びください

 

皆様も楽しいガーデンライフを(^^♪

 

Read more