茨城県古河市K様邸(新築注文住宅)


中庭と漆喰の家

伝統に守られてきた日本の家には理由がある。

四季を楽しみ、木を慈しむデザイン。
漆喰と木が造る美しい佇まい。
中庭を設け、外からの視線を遮りながらも、空を感じ、光が溢れる。

家の中にいながら、外にいる非日常感。
夜は、ライティングの陰影で、昼間とは違った美しさで魅せる漆喰、シンプルでありながらもレッドシダーの木の風合いを添えることでナチュラルな雰囲気を造りだした。

Style-with担当者

小口 裕人

建築設計プロデューサー
小口 裕人

生活感を出さず、利便性も備える設計です。

LDKから中庭を通し、部屋全体が見渡せる奥行は、家族の繋がりと安心感を生むと思います。
個室は、ロフトを設け、コンパクトな住まい。しかし、広々と暮らせる工夫がしてあります。
これからも、笑顔の絶えない、幸せな家庭を築いてください。